BLOG

ここ最近はめっきり朝晩が寒くってきましたね。
流石に毛布を出そうかどうか
迷う今日この頃です。^ ^;

さて、このところ動画をうまく使って
自店舗の集客に活かしている
ところが多くなってきましたね。

ここでいう動画とは

・YOU TUBE

のことになります。
以前からレッスン動画や
コンテスト、ショーの様子を
YOU TUBEにアップしている
方々が多いのですが、
実はただ、

・アップしているだけ

状態が多いのが残念です。

本来ならばここに自身のスタジオ、もしくは
レッスンの詳細を記載して導線として繋げることが
一番キレイなのですがこれを行っておらず、
単純な【作品】としてアップされている方々が
どれだけ多いことか、、、

YOU TUBEは動画閲覧サイトという
認識もありますが、正しくは
動画格納サイトでありながら
昨年よりSNSの機能と有効性を持ち始めました。

どういうことかというと例えばグーグルで
検索キーワードを打った時に、それに関連する動画も
グーグル上にヒットしやすくなり、
YOU TUBEを見よう、と思っていない人にも
より人目に触れやすくなりました。

これはグーグル自体が昨年から取り組んでいる施策で
YOU TUBEの動画もSEO上有効にしやすくする、と発表していました。

なので、より潜在顧客をスタジオのサイトに
集客しやすい時代となり、これは一度アップしてしまえば
広告など打たずとも半永久的にサイトに集客し続けてくれることになります。

こういった動画は多ければ多いほど有効的になります。
しかもネット上での動画は検索ヒットや関連動画での
表示によって潜在顧客となる方がクリックして視聴していき、
自然と再生回数が伸びていきます。

なので、それが

映像の量 = 半永久的な無料の広告資産

となっていくわけです。

また、ご存知かとは思いますが
YOU TUBUには「チャンネル登録」
という機能もあります。
今後さらにたくさんの人たちに見てもらうために
チャンネル登録者数が重要となってきます。
このチャンネル登録数はいわゆる自分のファンです。

新しい動画をアップすると、
チャンネル登録をしてくれた人に
アナウンスが届く仕掛けになっているので、
より動画を見に来てくれる可能性が増えると言うことです。

さらに【アノテーション機能】を使って動画それぞれに
毎回告知文などを入れておけば
自動的に集客告知が可能となります。

ですので動画をアップした際に
チャンネルに登録してね!という
アノテーションなどを入れることをお勧めします。

テレビで言えば、視聴率を高める施策ですかね。

これをスタジオのイントラや生徒たちの
様子をどんどんアップしていったらどうなるでしょう?

YOU TUBUなどで認知を上げていく方法として

・動画の量

・動画広告※有料

口コミや話題性を作る方法として

・動画ブランディング

があります。

動画ブランディングは音や映像の編集、カメラの質など
こだわればこだわるだけクオリティはあがりますが
その分費用や労力がかかってしまうので
ここぞ!というプロモーション(イベントやDVD、募集など)の
時以外は予算がある人のみ行うことをお勧めします。

 

ちなみにわたくしのビジネスパートナーが
店舗のプロモーションを手伝って簡単スマホで
撮影したのがこちらの動画です。

 

ちょっと業種は変わるのですが
高級オーダーメイドのスーツ屋なのですが
高級オーダーメイドのスーツを依頼して
手に入れることによって得られる満足感や幸福感などが
うまくベネフィットとしてえがかれています。

一つの参考として頂けたらと思います。

スタジオにYOU TUBEを使っての
集客を考えるのであれば
動画の量はコンテンツの量なので
先日もお伝えしたタイトルや説明文、タグ次第で
いろんな関連動画として
関連付けされるのでより自分の動画を
見に来てくれる流入窓口を作ることができます。

 

動画は自分にはできない24時間365日ネット上で
稼働してくれる広報マンだと思ってください。
この量が多ければ多いほどよりスタジオに集客ができます。

こういったことを

 

「やらなければ」

 

と思っている人と

 

「●●までにやる」

 

と思っている人。

 

「思っているだけの人」

 

 

「決めている人」

 

目的や目標を達成していくために
必要な要素は日々得ていく気づきや学び、感動や刺激に
純粋に受取り即行動に移していく。

「必達力」の高い人とはこのようなことを指している
ものではないかと思います。

 

動画解説付き!WEB広告で店舗集客、
企業の顧客獲得の自動化ノウハウを
たった10日間でしっかり学べるメールセミナー

↓↓↓ 以下画像クリック ↓↓↓↓

V