BLOG

ダンス&エンタメ、広告雑誌業界から
WEBのマーケティングの業界に
参入し、身を置くものとして
先日グーグルが発表した内容が
店舗を持つオーナーたちにとって
重要事項でしたので
シェアのため記載させてもらいました。

 
それはかなり簡単簡潔で極端に言うと
スマホ対応されていない
サイトは検索順位を落とす
もしくは表示を飛ばすという点でした。

 
今までグーグルは
仕様や規約などは
やんわりと

 
「今後変更していきますよ~」

 
的なことを言っていたにも
関わらず今回に関しては
明確に

 
4/21(火)

 
から

 
“ルール変更しますよ”

 
と明言しました。

 
日にちまで指定して

 
“ルール変更しますよ”

 
と言っているということは
変更によってもたらされる
効果がかなりの影響力をもった
ものだと言えます。

 
この変更によってどんな
ことが起こりうるのか?
自分の店舗のサイトが
スマートフォン向けに
対策が施されているのであれば
今日のお話は無視してください。

 
ですが、自身がスマホ対応されている、
と思っていても検索エンジンサイドが考える
スマホ対応の基準に合格していないと
当然検索結果から弾かれることとなります。

 

 

以前も言いましたが
若年層は圧倒的な

 

 

スマホユーザー

 

 

であり、スマホの1日の平均使用時間は
1~2時間となります。
なにか気になった時や
調べものは
必ずと言っていいほど
スマホのヤフーorグーグル
で調べることとなります。

 
そしてそのヤフーも
グーグルの
検索エンジンのシステム
を導入しているので
結論グーグルと同じ
検索結果が
出ることとなります。

 
この検索で検索上位に出てこない、
もしくはヒットすらしない、

 
となると

 

 
存在していない

 

 
ことと一緒になります。

 
この対策をWEB用語で

 
SEO対策(サーチエンジン最適化)
SEM対策(サーチエンジンマーケティング)

 
といい、これを施すことによって無料で
半自動的な集客が可能となります。
ここに掛ける料金、労力は
実は思った以上に大したことが
なく、タウンページに登録するような
感覚でするとしないでは大きな
差が生まれることとなります。

 
むしろしないでいると
損しかないです。
行う上で出る損失と呼べるものは
数分の労力くらいですかね、、、
とにかくここはマストで
チェックしておいてください。

 
で、簡単に自店舗のサイトを
チェックする方法があります。

 
それが
モバイル フレンドリー テスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja
です。

 
上記に自店舗のサイトの
URLを入れてチェックすると
グーグルが基準とする
モバイル対応(スマホ対応)されているか
どうかのチェックを行うことが
できて、かつ、されてない場合は
どこにエラーが出ているのかを
教えてくれるツールです。

 
上記で軽く数店舗の
スクール、スタジオや専門学校を
チェックしたら3割が未対応でした、、、、
で、以前からお伝えしていますが
一応10秒くらいで簡単に
スマホサイトに変換できる
YHAOOスマホサイトビルダー
というのがあります。

 
これは自店舗のサイトURLを
入れれば勝手に全自動で
スマホサイトに変換してくれる
もので、その後細かく
カスタマイズなどもできます。

 
YHAOOスマホサイトビルダー
http://promotionalads.yahoo.co.jp/dr/ssb/

※現在(2016年)はサービス提供終了しています

 
下記は漫画で説明した
サイトになります。
http://danceconnection.jp/wp-content/uploads/2015/03/70f4188a0f7653ba7d2610f4584e212e.jpg
スマホサイトビルダーでもスマホの最適化として
認められますので是非やってみてください。
で、

 

 

それでもわけわかんね~~~

 

 

と言う方は
気軽にこのメッセージ宛に
スマホサイト対応ヘルプ
と題して返信してもらえれば
自分の方でご対応しますね。