BLOG

先日、リスティング業界に
すごいニュースが入ってきました。

 

Yahoo! JAPAN、百度(バイドゥ)と中国向けマーケティング支援で業務提携

リスティングといえば、
日本では大きくわけて

・ヤフープロモーション広告

・グーグルアドワーズ

の媒体があり、検索エンジンの
ヤフーとグーグルの利用者で言えば
まだヤフーの方が
利用者は多いのですが
広告主の割合で言えば
感覚値で大変恐縮ですが、
アドワーズの方が操作性にも
ターゲティング的にも
優れているのもあり、
利用者が多いイメージです。

ヤフーは検索エンジンは
グーグルの機能を借りているとはいえ、
一応、情報量で言えば
グーグルとは差別化ができています。
ですが、広告主の立場で言うなら
ヤフープロモーション広告は
グーグルアドワーズに比べて
リーチできる地域が限定的です。

アドワーズは全世界
※(配信できない地域もあり)配信が
可能ですが、ヤフープロモーション広告は
日本国内のみ、というところです。

自分もかつて余ったプロモーション予算を
消化しないといけない、というところで
クライアントの広告費を請け負って
北米やオセアニア地域に
広告配信を行ったことがありますが
それはダイレクトレスポンス的に
何かを販売するなどではなく、
あくまでサイトのアクセス数を
増やす目的だったため、しっかりとした
マーケティングをそこまで要さないものでした。

ですが、そんな目的でも簡単に
海外の人に広告を表示させて
サイトに誘導することができます。

また、わたくしが講師を務めている
リスティングの講座の受講者の方で
般若のお面をアドワーズを使って
海外販売している方もいます。

インターネットがない時代は
商圏が限られたビジネス発想
でしか生まれませんでしたが
現代では無限商圏、
受発注ビジネスも視野に入れて
ビジネス展開することも可能となりました。

そんなアドワーズのリーチ力を
横で指をくわえて見ていた
ヤフープロモーション広告がこの度、
中国市場に参戦し始めることが決まって
自分としては衝撃的かつ、
とてもうれしかったです。

そもそもご存じのとおりグーグルは
中国の進出にかなり手こずっており
グーグルのサービス(アドワーズ含む)は
香港など一部の限られた
地域のみしか使用できず、
中国国内では「百度(バイドゥ)」と呼ばれる
検索エンジン&ポータルサイトが
メインとなっています。

百度(バイドゥ)は中国発の検索エンジンで
全世界規模でも利用者数が
グーグルに次いで2位となっています。
(ほとんどが中国の方の利用者かと思いますが、、、)

余談ですが日本にも
百度ジャパンが発足していたのですが、
利用者の少なさからひっそりと撤退したのは
誰も知らない事実ですw

そんなグーグルが中国進出において
崩せなかった壁をヤフーが違う角度から
攻め入った、というわけです。
あくまで自分の考えではありますが、
アリババとの提携など
中国市場進出への導線固めが
うまかったのでは?と思っています。

で、ヤフーが11/30付で百度と提携を発表し、
百度リスティング百度アドネットワーク
ヤフープロモーション経由で
使用できるようにする、という点が
これからのヤフープロモーション広告の進化と
中国市場へのアプローチの
無限性を感じざるを得ませんでした。

中国の方がわざわざ
日本に来て爆買いしているところを
広告を使うことにより、ニーズにダイレクトに
アプローチできるわけです。

この巨大市場にWEBマーケティングという武器で
参入ができる、というのはほんとワクワクしますね!

こんな感じで今後は企業や店舗集客におけるWEB集客から売上アップまでにつなげられる
ノウハウや事例を発信していければと思います。興味のある方は以下より登録をしてみてくださいね。

動画解説付き!WEB広告で店舗集客、
企業の顧客獲得の自動化ノウハウを
たった10日間でしっかり学べるメールセミナー

↓↓↓ 以下画像クリック ↓↓↓↓

V