BLOG

日本国内でのウェブ広告といえば、GoogleAdWordsともうひとつ、Yahooのプロモーション広告です。

前回はGoogleAdWordsのはじめかたについて説明しましたが、今回はYahooプロモーション広告のはじめかたについて説明したいと思います。

 

Yahooプロモーション広告をGoogleAdWordsと同時に使うメリットとは

 

この2つのサービスは、基本的な使い方が似ているにもかかわらず、広告が表示される場所が違うため、

ウェブ広告を出稿する場合はできるだけ双方を同時に扱った方がより広い範囲に少ない労力で自社の宣伝が出来るという利点があります。

というわけで、今回はYahooプロモーション広告をアカウント作成から始めてみましょう。

 

まずはビジネスIDを取得しよう

 

Yahooプロモーション広告の場合は、まずYahooのビジネスIDを取得する必要があります。

このビジネスIDは、通常のYahooIDと違い、専用フォームから申し込む必要がありますので、

まずはこちらのフォームからビジネスIDの申請を行ってください。

WS000016

yahoo!プロモーション広告お申し込み

 

いろいろ記入する場所がありますが、会社や個人事業主なら難しいものはありませんので、

必要な場所を埋めて自分のメールアドレスに確認コードを送信してください。

この時、自社の広告用サイトがまだできあがっていなくても、取得したドメインがあれば登録は可能です。

また、申込時に入力したURLは後ほど変更できますので、

もしドメインも取得できていないなら、「example.com」のような仮ドメインを入力しておいてもいいでしょう。

 

WS000018

 

確認コードは申請後すぐに登録したメールアドレスに届きますので、表示されたサイトに入力してください。

この時、パスワードの設定も行いますので、できる限り解読されにくいパスワードを設定しておきましょう。

YahooビジネスIDでは、パスワードを32文字まで設定できますので、

大文字、小文字、数字を組み合わせて32文字までしっかり埋めることが大切です。

 

パスワードは長ければ長いほど、大文字や小文字を組み合わせれば組み合わせるほど解読が難しくなります。

広告は自社の顔とも言えるものですから、クラッキング被害に遭わないよう出来るだけ複雑なパスワードを設定してください。

 

WS000023

 

確認コードとパスワードの設定が終わったら、次は電話認証となります。

表示されたサイトに携帯またはスマホの電話番号を入力すれば、SMSに認証コードが送信されます。

 

送られてきた認証コードを入力すれば、アカウントの作成は完了です。

 

 

広告の設定方法は広告管理ツールがおすすめ!

 

WS000027

 

認証コードの入力が終わると、Yahooプロモーション広告のログイン画面が表示されます。

こちらに先ほど設定したパスワードを入力してください。

ログインすると、まず広告の設定方法を選択する画面が表示されます。

 

選択できるのは「らくアド」と「広告管理ツール」の2種類。

初心者にはらくアドの方が簡単そうに見えますが、実際には設定できる範囲が狭く、

広告をチューンナップして運用しようとすると、逆に難しくなってしまいます。

 

多少取っつきにくいかもしれませんが、最初から広告管理ツールを選び、

ツールの使い方に慣れておきましょう。

 

 

YDNアカウントの作成を忘れずに!

 

WS000028

 

GoogleAdWordsの場合はここまで来れば出稿できますが、Yahooプロモーション広告ではここからさらにもう一手間かかります。

Yahooプロモーション広告では、スポンサードサーチとYDN、Twitter広告の3つがありますが、

このうち、YDNについては追加でアカウントを設定しなければいけません。

 

というわけで、続けてYDNのアカウントを設定していきましょう。

広告管理ツールを開いたら、上部にダッシュボード・スポンサードサーチ・YDN・Twitter広告などのタブが表示されていると思います。

ここからYDNのタブを選択し、画面の中央下に表示されている「+新規アカウント作成」をクリックしてください。

 

WS000029

 

後は必要な情報を記入し、送信ボタンを押せばOKです。

すぐに利用が出来るようになりますので、続いて入金手続きをおこないましょう。

 

 

アカウントに入金して広告を出稿する準備をしよう

 

WS000032

Yahooプロモーション広告は、スポンサードサーチ、YDN、Twitter広告の3つそれぞれに入金する必要があります。

まず、スポンサードサーチの場合は、「スポンサードサーチ」タブを開き、「資金管理」タブを選択します。

後はクレジットカードもしくは銀行振り込みによる支払いのどちらかを選んでください。

 

クレジットカードの場合は、広告代金が足りなくなった場合に自動で支払いを行うように設定できますが、

この設定を使うと、ミスをした際に一気にカードの限度額まで引き落とされてしまう危険性があるため、

最初は手動入金にしておきましょう。

 

WS000033

 

続いてYDNの入金を行います。

「YDN」タブから「資金管理」タブを選択してください。

スポンサードサーチと同じようにクレジットカードか銀行振り込みでの支払いとなりますので、

同じように登録を行えばOKです。

Twitter広告に関しては、少し設定方法などに違いがありますので、後の回で登録から出稿まで詳しく説明したいと思います。

 

 

おわりに

以上がYahooプロモーション広告を使うための下準備となります。

これで、前回のGoogleAdWordsのアカウント登録と合わせて、YahooとGoogleの2つで広告を出す準備が整いました。

次回からはいよいよ、ウェブ広告を出稿する方法について本格的に説明していきます。

もしすぐにウェブ広告を出稿したい場合は、こちらの無料メールマガジンにて詳しい方法をご紹介していますので、

是非ご利用ください。

 

↓↓↓ 無料メルマガですぐにweb広告にチャレンジしよう!

V