スマホサイトを無料で30秒で作るツール

今日は根本のお話です。

ひょっとして自分の店舗の
HPはスマホ対応しなくても
いいと思っていたりしますか?

またはHPはさほど重要視していない
と思っていたりしますか?
先日から言っているとおり
現在、検索の約6~7割が
スマホからと言われています。

少し前まではクロスデバイス
(スマホで検索してPCで購入)での
決済が多かったのですが
現在はスマホで問い合わせ、
購入とスマホでの完結型が
多くなってきております。
また、先日もお伝えしましたが
10~20代のスマホ保持率は8割となっており、
検索も決済もすでにスマホとなっております。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1402/25/news102.html
(出典:VRI)

そんな中、まだPC用のサイトをスマホで
閲覧されていたりしませんか?

いや、忙しいから、、、

予算がないから、、、

なんか難しそうだから、、、

理由は様々だと思いますが、
大事なのは次のことです。

「お客さんのため」

そうじゃないですか?
新規のお客さんに見てもらうために
作っていますよね?
そうでなければ自己満足の為に
作成していることになります。


スマホ対策する理由。

それは、お客様が見やすい、
使いやすいようにスマホ対策をする
必要があるからです。

パソコンページをスマホでみると、
フラッシュが読み込まない状態になっていたり、
横にスクロールさせないと見れなかったり。
クリックが小さすぎて、拡大を何度もしなければ
クリックできなかったり。
とにかく面倒くさくなり、
これではせっかくサイトに
来てくれたにも関わらず離脱してしまいます。

だからスマホ対応のホームページが必要なのです。

あなたのホームページは誰が見るのですか?
私はこれを様々な店舗オーナーや
クライアントに何度も問います。

もし、お客さんに見せるためにつくるのであれば、
スマホで見ているお客さんのために、
使い勝手の良いページにしてあげてくださいね。

 

PC用サイトをスマートフォン対応できる無料サービス「shutto」

http://shutto.com/

  • インスタ広告にかかる費用っていくら?4種類の課金方法を解説します
  • youtube-ad
    動画広告で効果を出したい人必見!効果的に出す方法を解説!
  • CTR(クリック率)ってどういう意味?意識したいポイントや改善方法
  • 【5分ですぐわかる】インフィード広告とは?成果を上げる3つのコツ
  • CPAって何?その意味や重要性、注意点について解説します
  • CVR(コンバージョン率)とは?その意味と、改善方法を解説します!
おすすめの記事
手段や手法を追っても意味がない
Facebook広告
昨日渋谷で脱毛サロンを営む店舗オーナーと カウンセリングを行っていました。 大阪で反響が出て東京にて2店舗進出したものの 大手ミュゼの倒産危...