WEB広告のメリットや基本を解説

自社製品をもっと広く知って貰いたい。販路を拡大して売り上げを増やしたい。そんな方におすすめしたいのがWEB広告です。今まで宣伝と言えば雑誌や新聞、ラジオやテレビなどが主流でしたが、近年ではWEB広告を利用し、個人で広告を出稿する方が増えています。この記事では、WEB広告を自分で行うために知っておきたいことと、注意することについてご紹介していきます。

WEB広告のメリット

ネット上でさまざまなページを見ていると、大抵の場合何らかの広告を見かけますが、これらの広告はGoogleやYahooなどの企業が提供しているサービスを元に提供、運用されており、比較的安価に広告が出稿できるにも関わらず、テレビや新聞の折り込みチラシに比べてターゲット層により届きやすい利点があります。

また、一般的な広告と違い、代理店に依頼したり、デザイナーにチラシやポスターの作成を依頼したりする必要もありません。その為、広告を出すまでにほとんど時間がかからず、その気になれば自分ですぐに広告が出すことができます。

WEB広告を行うメリットにはどんなものがある?

従来の紙媒体やテレビやラジオに広告を出稿する場合と、WEBに広告を出稿する場合とではどんな違いがあるのでしょうか?費用面なども大きな違いとはなりますが、特に違うのは広告を出すまでにかかる時間です。WEB広告なら最短で1時間もかからずに自社の広告を必要とする場所に出稿することができるようになります。

WEB広告ならお手軽に広告が出稿できる

WS000000

自動車を探したときに表示される広告、地域や時間帯などに合わせて出稿タイミングを変更できます。

 

例えばですが、月末に店舗の売り上げが厳しいのでセールを実施するとしましょう。折角のセールですから、できるだけ多くのお客様にセールの開催を知って貰いたいですよね。というわけで広告を利用してセールの告知を行いますが、テレビや新聞の折り込みチラシの場合、どうしても出稿までに時間がかかるため、実際に広告が届くまで時間がかかってしまいます。逆に、即効性の高い店舗の公式TwitterやFacebook、ブログで告知したとしても、今度はサイトをフォローしてくれている常連さんにしか情報は届かず、常連以外の潜在的な顧客情報を伝えることが難しいでしょう。

こんな時に使えるのがWEB広告です。

WEB広告は設定次第で地域、時間、対象とするユーザーを選んで即座に広告を出すことができるため、急遽翌日からセールをおこないたいという場合でも、前日の夜に広告の設定を変更するだけですぐにユーザーに広告が表示されるようになります。

ユーザーがウェブサイトを閲覧していたり、SNSなどを利用していなければいけないという制約はありますが、このお手軽さは他の媒体には無いメリットとなるでしょう。

WEB広告を運用していくために必要なことは?

WS000002

お手軽に広告が出稿できるのがウェブ広告のメリットですが、きちんと定期的に調整を行わなければ余計な費用がかかってしまったり、集客があまりできなかったりする場合もあります。その為、実際にウェブ広告を自力で運用する場合、広告に対するアクセスの状況や、実際の売り上げにどの程度広告が影響を与えたかをきちんと確認しなければいけません。

WEB広告は長い期間のメリットを考えることが大切

WEB広告は、お手軽で手早く広告が出せることがメリットのひとつではありますが、長期的な視点で運用していくことも大切です。WEB広告にまだ慣れていない方によくあるミスとして、色々なポイントを平行で調整した結果、広告の効果が上がったにもかかわらず、何が原因で売り上げが良くなったのか把握できなくなることがあります。例として、店舗売り上げを増やすためにより多くのサイトに広告が表示されるように設定し、同時に店舗サイトのデザイン変更も行ったとしましょう。手間暇かけて行ったメンテナンスの結果は上々、しっかり費用対効果に見合ってお店の売り上げが良くなりました。

では、この場合、何が理由で売り上げが良くなったのでしょうか?今回はアクセス数の増加を目的とした出稿場所の増加と、サイトの調整を同時に行っています。

今回は売り上げが増加しているので、目的自体は達成できており、結果的に成功となりましたが、このようなメンテナンスを行った場合、なぜ売り上げが良くなったのかを正確に把握することが難しくなってしまいます。

短期的に売り上げが増加したとしても、このようなメンテナンスは費用と時間がかかってしまうため、長期的に見た場合、費用対効果が悪くなってしまうでしょう。広告のメンテナンスを行う場合、例にあげたような作業を行うなら、まずはアクセス数の増加を目的として出稿場所を増やす施策を行ってください。アクセス数が増加することで売り上げが増えるなら、新たに出稿場所を増やすことでより売り上げを増やすことができるかもしれません。

逆にアクセス数を増やしても売り上げが増加しないなら、サイト自体に問題があると考えられますので、サイトを使いやすく改装したり、より売り上げに繋がるデザインへと変更すると良いでしょう。

このように、施策をひとつひとつ実施することで、どのような理由で売り上げに効果があったのかを判断しやすくなります。

もちろん現実的にはもっと細かな理由がありますが、費用対効果をより高め、少ない費用と時間で結果を出すためには一度に大きな変更を行うのではなく、一歩一歩改善していくことが重要です。

WEB広告のノウハウはどうやって調べればいい?

man-studying-cartoon

今回はWEB広告を運用していく上でのメリットや運用についての基礎中の基礎的な説明だけになりましたが、別の記事では実際にアカウントを作成して広告を出稿するための方法や、実際に広告の調整を行う方法について紹介していきます。

まずはWEB広告の初心者の方が広告を自分で出せるようになるまでの手順をGoogleAdWordsやYahooプロモーション広告などのサービスごとに説明していく予定ですので、WEB広告をはじめたいという方、使い方がいまいちよくわからないという方は是非ご覧ください。

関連キーワード
ウェブ広告入門の関連記事
  • youtube-ad
    動画広告で効果を出したい人必見!効果的に出す方法を解説!
  • CTR(クリック率)ってどういう意味?意識したいポイントや改善方法
  • 【5分ですぐわかる】インフィード広告とは?成果を上げる3つのコツ
  • CPAって何?その意味や重要性、注意点について解説します
  • CVR(コンバージョン率)とは?その意味と、改善方法を解説します!
  • CPCって何?初心者でもわかる仕組みと、上げ下げのコツを紹介します
おすすめの記事
スタジオが取るべきYou Tube戦略
Facebook広告
本日はスタジオのYOU TUBE戦略についてお伝えさせてもらいます。 ダンススタジオのHPをよく拝見させて もらっているのですがサイトのアク...