インスタグラム広告のターゲティングの種類!オーディエンスの詳細と運用のコツ

TwitterやFacebookなど数あるSNSの中でも、画像投稿がメインのインスタグラムは近年特にユーザー数が増えており、注目が高まっています。

インスタグラムには商品やサービスのWeb広告を掲載できるため、自社サービスの認知度や売上をアップしたい企業にとってメリットが大きいです。

広告出稿では、配信のターゲットユーザーを決める「ターゲティング」設定が重要です。Facebookからデータを取得できるインスタグラム広告のターゲティングは、どのように行うと集客効果が高まるのでしょうか?

インスタグラム広告のターゲティングの種類やオーディエンスの詳細、運用のコツを紹介します。

インスタグラム広告のターゲティングの種類

インスタグラム広告のターゲティングの種類

「ターゲティング」とは、ユーザーが事前に登録した情報や行動の傾向を元に、好みや興味に合わせた広告を配信することです。ターゲティングをしっかり設定することで、より効果的な宣伝が可能になります。

インスタグラム広告でのターゲティングは「オーディエンス」と呼ばれ、次の4種類を設定できます。

  • ユーザー属性ターゲティング
  • インタレスト/行動ターゲティング
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

InstagramはFacebookと共通の広告出稿システムになっており、詳細なターゲティングができます。Facebook広告の運用経験がある場合は使い方がわかりやすいです。それぞれのオーディエンス設定について解説します。

ユーザー属性ターゲティング

かならず設定するべき、基本となる重要なターゲティングです。ユーザーの属性を知るための、次の情報を設定できます。

  • 年齢
  • 性別
  • 住んでいる地域

「交際ステータス」「普段のライフスタイル」など、Facebookデータに基づく詳細な指定も可能です。

インタレスト/行動ターゲティング

オンライン上でのユーザーの行動を追うことで、興味・関心に合わせた広告配信ができます。これはFacebookで閲覧したコンテンツや「いいね」のデータを元にしています。

ターゲットを絞りすぎてしまうと、配信できるユーザーが極端に減る、単価が高くなるなどの問題が起きてしまうため、様子を見ながら少しずつ設定するのがおすすめです。

カスタムオーディエンス

すでに顧客になっている、または自社と接点のあるユーザーをターゲティングできます。下記のような顧客データを活用できるため、より精度の高い広告配信ができるのがメリットです。すでに自社サービスに関心のあるユーザーへの配信は、高い効果が期待できます。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • FacebookユーザーID
  • アプリユーザーID
  • Apple発行の広告用ID

カスタムオーディエンスを行うには、これらの顧客データをアップロードします。カスタムオーディエンスには次の4タイプがあります。

タイプ①:カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンス
顧客リストを活用するものです。

タイプ②:エンゲージメントカスタムオーディエンス
動画再生や申込みフォームを開くといった行動をしたユーザーへ配信します。

タイプ③:ウェブサイトカスタムオーディエンス
ホームページにアクセスしたユーザーへ配信、リマーケティング広告も実施できます。

タイプ④:アプリ広告カスタムオーディエンス
アプリをインストールした人へ配信できます。

類似オーディエンス

Facebookユーザーのプロフィールや趣味・行動データなどにより、既存の顧客と似たユーザーへアプローチできます。コンバージョンした顧客を元に類似オーディエンスを作成できるため、ターゲティングの確度が高まり、コンバージョン数増加も期待できるのがメリットです。

また、アプリ内購入などアプリでの行動を元に作成することもでき、それぞれの行動に共通した特徴のあるユーザーをターゲティングできます。まだターゲティングできていないFacebookユーザーへの配信にもおすすめです。

ターゲティング運用のコツ

ターゲティング運用のコツ

ターゲティングは、次のような2つのコツを押さえた運用がおすすめです。

最初からターゲットを絞り込みすぎない

ターゲットが狭いと、1件あたりの配信コストが高くなる、優良な見込み客へ配信できない、条件の良いオークションへの入札機会が減るなどのデメリットがあります。

例えば、「女性向け商品のため男性は外したい」など、性別や年齢が明らかにターゲット層からずれている層を外すのはOKです。しかし、地域や詳細な設定で細かく絞りすぎてしまうと、配信対象のユーザーが少なくなりすぎる場合があります。

設定できるターゲティング条件は次のとおりです。Facebookのアカウント情報から取得されます。

  • 地域
  • 年齢
  • 性別
  • 言語
  • 詳細な設定(ライフステージや興味・行動など)
  • つながり(自社のFacebookページやアプリとの関係)

ターゲティングを並行して行う

異なるターゲティングを2~3つ並行すると、それぞれの効果を比較でき、もっともコンバージョンにつながりやすいターゲティングを見つけられます。

さらに、並行して行うと、効果的なターゲティングを複数発見できることがあります。すると、あるターゲティングでユーザーを取り込みきったときでも、他のターゲティングからコンバージョンを獲得できます。

まとめ

インスタグラム広告のターゲティングの種類・オーディエンスの詳細と運用のコツについて解説しました。商品やサービスはターゲットとなるユーザーがそれぞれ決まっていることがほとんどです。該当するユーザーへ向けて効果的に広告を表示し、効率よくマーケティングを行ってみてください。

幅広い年齢層の人々がスマートフォンを持つようになったことで、インスタグラムを含むSNS広告の可能性はどんどん高まっていくでしょう。

「広告を運用する時間がない」「出稿しているが効果が出ない」などの場合は、広告運用のプロへ無料で相談できます。運用の手間を省き、広告効果をアップする運用代行などが可能です。困っている、やり方がよくわからないなどの場合は、相談するのがおすすめです。

  • 【メリット・デメリットなども解説】ウェブ広告の事例をご紹介します!
  • SNSの集客は予備知識が必要?メリットデメリットと事例紹介
  • インスタ広告の費用相場や課金形式まで解説【運用時のポイントもご紹介】
  • Facebook広告の出稿の前に知っておきたいメリットデメリットと始め方
  • SNS運用代行を利用するメリットと代行会社の比較
  • tiktokの広告について|宣伝活用に役立つ出稿前の豆知識
おすすめの記事