リスティング広告のキーワードの選び方!選定に役立つツールを紹介

リスティング広告は検索サイトにおいて、特定のキーワードで検索された際に表示される広告です。そのため、出稿するときにキーワードを選定する必要があります。

キーワード選定は広告のクリック率や売上に影響を与えるため、慎重におこなう必要があります。

この記事では、リスティング広告のキーワードの選び方、選定に役立つツールなどをご紹介します。

リスティング広告のキーワードの選び方

リスティング広告のキーワード選定は、以下のような手順で進めていくとよいでしょう。

手順1:メインキーワードを決める

まずはメインキーワードを決めるとよいでしょう。メインキーワードというのは、一語で検索されるようなもので、社名や商品名、名詞などのことをいいます。

たとえば、ミスタードーナツの場合「ミスタードーナツ」「ドーナツ」「パイ」「ポンデリング」といった具合です。キーワードは「キーワードプランナー」というツールなどでカンタンに抽出できます。

キーワードプランナー

キーワードプランナー

参照https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner/Home

キーワードプランナーを開き、広告を出稿したいサイトのURLを入力→「サイト全体」もしくは「このページのみ」を選ぶと、そのページの広告出稿に適したキーワードを一覧表示します。

手順2:メインキーワードの類義語を洗い出す

メインキーワードの候補がいくつか出たら、その類義語を洗い出します。たとえばメインキーワードが「整体」の場合、「整骨院」「マッサージ」などで検索する人もいるので、類義語の洗い出しは重要です。

類義語を挙げるには、類語辞典のツールを使うと非常に便利です。以下のサイトで左上の入力欄にメインキーワードを入れて検索するだけで、複数の類義語が表示されます。

weblio 類語辞典

weblio 類語辞典

参照https://thesaurus.weblio.jp/

手順3:関連キーワードを洗い出す

メインキーワードやその類義語を洗い出したら、それと一緒に検索されそうな関連キーワード(サジェスト)もピックアップしましょう。役立つツールは後ほど紹介します。

また、商品やサービスを宣伝するとき、よく使われるキーワードでは「おすすめ」「ランキング」「価格」「方法」といったものがあります。

手順4:不要なキーワードを振るい落とす

挙がったキーワード候補のなかには、購買につながらなさそうなキーワードや、検索される回数(検索ボリューム)の少ないものがあるかもしれません。

広告の目的が販促であれば購買につながらないキーワードは除外し、また検索回数が少ないキーワードは広告自体を見てもらいにくいため、こちらも除外するとよいでしょう。

上記でご紹介したキーワードプランナーを使って、各キーワードの「月間検索ボリューム」を確認し、少ないものを候補から振るい落とします。

手順5:配信データから選定する

Googleでリスティング広告を配信開始すると、Google AdWordsから実際にユーザーが検索したキーワードのデータを閲覧できるようになります。

配信したら終わりではなく、このデータを逐一チェックし、実際にユーザーが検索して購買に至ったキーワードなどあれば、それを取り入れてみるなどブラッシュアップすることも非常に重要です。

キーワードのマッチタイプ

リスティング広告を出稿する際、「マッチタイプ」というものを設定する必要があります。これは、広告を表示する条件のことです。

たとえば、ユーザーが検索したキーワードが部分的に一致したときに広告を表示するのか、完全一致したときのみ表示するか、といったものです。それぞれ解説します。

部分一致

関連キーワードや類義語(キーワードが入っていなくても)や、キーワードの一部でも一致したら広告を表示する設定で、もっとも幅広く表示することができます。

上記のほかにも、完全一致しているキーワードはもちろん、言葉の揺れ(引越、引っ越しなど)がある単語、誤字や送り仮名の誤りなどを含めて表示されます。

キーワード例「新宿 カフェ」

「新宿 駅近 カフェ」と検索 → 広告を表示
「新宿 喫茶店」と検索 → 広告を表示

絞り込み部分一致

部分一致の条件を絞った設定です。「+」をつけて指定したキーワードがすべて含まれて検索された場合に広告を表示します。なお、誤字があっても表示対象です。具体的には以下のようになります。

キーワード例「+新宿」「+カフェ」

「新宿 おしゃれ カフェ」と検索 → 広告を表示
「新宿 コーヒー」と検索 → 広告の表示なし

フレーズ一致

キーワードが複数語になるとき、その語順どおりに一致するキーワードが検索された場合に、広告を表示する設定です。具体的には以下のようになります。

キーワード例「新宿 カフェ」

「新宿 カフェ おすすめ」と検索 → 広告を表示
「カフェ 新宿」と検索 → 広告の表示なし

完全一致

言葉どおり、設定したものと完全に一致するキーワードが検索された場合のみに表示される広告です。もっとも表示の範囲が狭い設定になります。

たとえば「新宿 カフェ」で広告出稿した場合、このとおり検索されなければ表示されません。逆順である「カフェ 新宿」では表示されないということになります。

キーワード例「新宿 カフェ」

「新宿 カフェ」と検索 → 広告を表示
「新宿 かわいい カフェ」と検索 → 広告の表示なし

キーワード選定に役立つツール

キーワード選定の際には、以下のようなツールを利用すれば最適なキーワードを選ぶことができます。

キーワードプランナー

キーワードプランナー

参照https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner/Home

Googleが提供しているキーワード選定に最適なツールです。リスティング広告の出稿には必須といえる存在でしょう。関連キーワードのリストアップ、検索ボリュームをあわせて確認することができます。

goodkeyword

goodkeyword

参照https://goodkeyword.net/

キーワードを入力するだけで、Google・Yahoo!・Bingなどの関連キーワードを表示してくれるツールです。アイデアを出すのに役立てることができます。

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツール

参照http://www.related-keywords.com/

Googleのほか、教えて!goo、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトからも関連キーワードを抽出できるツールです。ユーザーの要望や悩みに関するキーワードを探すのに適しています。

まとめ

リスティング広告を出稿する際のキーワード選定やツールをご紹介しました。配信後も設定が変更できるので、まずは基本的な方法でキーワード選定して出稿し、あとで変更するのもよいでしょう。

いざ配信してみると、ユーザーが意外なキーワードで検索して購買に至る可能性もあるので、配信後のデータもよくチェックするようにしてみてください。

  • 【メリット・デメリットなども解説】ウェブ広告の事例をご紹介します!
  • リスティング広告のキーワードの選び方!選定に役立つツールを紹介
  • ディスプレイ広告とは?リスティング広告との違いと種類
  • Googleのリスティング広告サービスをフル活用しよう!
  • リスティング広告の種類|2019年に利用できる5社サービスを紹介
  • グーグル広告の設定!広告要素を選んで表示をカスタマイズできる
おすすめの記事
商圏(市場)と競合他校と自分の店舗
メディア
スタジオのWEBコンサルティングを行っている私がクライアントと最初にお会いしてまず最初に ヒアリング&お打合せを行う際に行うこと、それが ...
2019年 G.W. 休業のご案内
News
お客様各位 平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、弊社のG.W.休業につきまして下記のとおりご案内いたします。 ご不便を...
動画での集客導線
SNS広告・集客施策
ここ最近はめっきり朝晩が寒くってきましたね。 流石に毛布を出そうかどうか 迷う今日この頃です。^ ^; さて、このところ動画をうまく使って ...