店舗集客にWEBを活用しよう。WEB対策のメリットやツールを紹介
店舗集客へのWEB活用は、オンラインビジネスはもちろん、リアル店舗でも有効な手段です。消費者はインターネットで事前に口コミやサービス内容を調査し、競合他社もなんらかのネット対策をしている以上、自社もWEB活用を検討するのは必須の状況です。今回は、店舗集客にWEBを使うメリット、ツールや注意点を紹介します。

店舗集客にWEBが必要な理由

店舗集客には、WEBの活用が必要です。消費者の行動がネット中心に変わっている今、集客パターンも多様化させることが求められます。

消費者はWEBで情報収集

消費者は、必要な情報をまずインターネットで調べます。GoogleやYahooなどの検索エンジンで、たいていの疑問は解消する時代です。例えば、飲食店の口コミサイトや、ネットショッピングの体験談やレビューは消費者にとって不可欠になっています。 また、今はSNSを使えばリアルな評価や最新情報を知ることができます。オンラインのサービスでもリアル店舗でも、見込み客はWEBで情報収集するのです。 このような消費行動を考えると、今は企業側からの広告や情報発信(アウトバウンド)だけでなく、WEB検索される、SNSで情報収集されることを前提としたインバウンド対策が求められます。

O2Oの広がり

また、WEBのようなオンラインの場から、店舗のようなオフラインの場へと集客する、いわゆるO2O(Online to Offline)が成功を収め、消費者にも普及しつつあります。 O2Oとは、例えば飲食店の顧客がスマホアプリをダウンロードし、店舗のキャンペーン内容がスマホに通知され、集客につなげるといった方法です。また、アプリにはポイントカード機能や予約機能を盛り込んでいる事例もあります。 まずは簡単に始められるFacebookやTwitterを使った通知など、WEBのコミュニケーションの方法は広く検討しておく必要があるでしょう。

店舗集客でインターネットを活用するメリットとは

店舗集客にWEBを活用すると、高いマーケティング効果を発揮できる可能性があります。具体的に、どのようなメリットがあるのでしょうか。

集客力で競合と差がつく

1つ目として、店舗への集客力で、ライバル店舗と差がつく可能性があります。 消費者がある店を利用するか迷っていて調べた時、口コミ投稿サイトしかない場合と、ホームページやSNSアカウントがあって、メニューや写真などをわかりやすく発信している場合とでは、消費者としては後者の方が安心できるでしょう。 また、SEO対策(検索エンジン最適化)をしていれば、消費者が「地域名+サービス種類」で検索した時に上位表示されて集客できる可能性もあります。飲食や美容、不動産など、競合が多いジャンルもありますが、ライバルが力を入れていない狙い目の業界もあるのです。

費用対効果を改善する可能性

2つ目として、店舗集客の費用対効果を改善できる可能性があります。 店舗に集客する際は、売上面である客単価と、コスト面である顧客1人当たりの集客単価とのバランスが大切です。費用対効果を高めるためには、売上を増やすかコストを下げるかしかありません。売上を増やすには商品・サービスの内容にも関わるため大変です。一方で、WEBを活用して集客効率を高めれば費用対効果を高められる可能性があります。 ポスティングチラシや街頭ビラなどと違い、WEBではほとんどの機能が無料です。FacebookやTwitterは無料で、広告など追加機能を使いたい時にだけ課金をする仕組みになっています。もしくは、SEOに成功すれば、広告費をかけなくても見込み顧客からのアクセスが見込めるため、費用対効果を劇的に高める可能性があります。

店舗集客に活用できる方法・WEBツール3選

WEBで店舗集客を行う方法として代表的なものにSEO、SNS、検索連動型広告があります。方法や特徴を順番に解説しましょう。

SEO

SEOとは、検索エンジン最適化のことで、GoogleやYahooといった検索エンジンで、ユーザーが検索した時に、WEBページを上位表示させる対策を指します。 SEO対策のメリットは、何といっても費用対効果の高さです。上位1〜5位獲得に成功すれば、自動で集客ができます。実際、美容や家周りなどの企業は積極的にオウンドメディアを構築し、SEOに予算をかけています。 デメリットは、SEOを自力で行うには、やや知識が必要で労力もかかる点です。また、検索エンジンは定期的に順位変更を行うため、追加対策が必要になる場合もあります。 今は初心者でもホームページを作成できるツールは多いです。また、SEOに関する本は数多いですし、専門のアドバイス会社もあります。活用するのも1つの手段なのではないでしょうか。

SNS

SNSは、WEB集客で最も手軽な方法です。無料でアカウントを作成でき、文章、画像、動画、音声など情報発信のパターンもさまざまあります。 主なSNSは、この通りです(数字は月間利用者数)。
  • LINE:約7,800万人
  • Twitter:約4,500万人
  • Facebook:約3,000万人
  • Instagram:約3,000万人
LINEやTwitterはメッセージツールとして便利です。「LINE@」は一斉送信ができるので日常的なプッシュ型の通知に適しています。Facebookは、参加者は実名で実際の友人と関わるため、自然な口コミ効果が期待できるでしょう。Instagramは、文章だけでは伝わらない魅力を画像・動画で伝えられるのが魅力です。 また、SNSには広告機能もあります。SNS広告の特徴は、地域や興味関心にターゲットを絞り、マッチング効果が高いプッシュ型の発信ができることです。月1万円程度から開始できるため費用のハードルも高くありません。

リスティング広告・検索連動型広告

いわゆるインターネット広告(WEB広告)の代表が、リスティング広告や検索連動型広告です。特に人気なのは、Google広告(旧Googleアドワーズ)とYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)です。
yahoo-inbanner-ad
リスティング広告とは、WEB上のメディアの広告掲載枠に、テキストやバナー(画像・イラスト)を表示させ、集客を狙う方法です。Yahooのトップページ右上に掲載されているのが一例で、そのほかにも関連度の高いメディアなど、さまざまな枠に掲載することができます。
google-ad
検索連動型広告は、リスティング広告の種類の1つで、GoogleやYahooなどの検索エンジンでユーザーが検索した際、検索結果の近く表示される広告です。例えば、「渋谷 美容室」の検索結果に、自分の店を有料で掲載します。 このようなWEB広告は、ターゲットを絞りユーザーの興味関心と関連性が高い掲載ができるため、集客効果が期待できます。また、費用も月1万円程度からと、少額から始められる手軽な手段です。

まとめ

店舗集客へのWEB活用は、消費者がWEBで情報収集を行っている今、どんなビジネスでも有効です。方法にはSEOやSNS、リスティング広告などがあり、費用も月1万円程度からと気軽に始めることができます。高い集客効果が期待できることもあるため、検討してみてはいかがでしょうか。
  • ブログ集客を成功するために大切なこと!集客方法や失敗の原因を解説
  • Webマーケティングとは?基礎知識と企業が取り組むべき施策
  • ECサイト
    ECサイトとは?種類やそれぞれのメリット・デメリット
  • 企業ブログ
    企業ブログを運営する目的 | メリット・デメリットや運営する上で大切なコト5つ
  • インフルエンサーマーケティングとは?メリットと活用されているSNS
  • リピーターを獲得したい!考え方やメリット、集客方法を紹介
おすすめの記事
スタジオが取るべきYou Tube戦略
SNS広告・集客施策
本日はスタジオのYOU TUBE戦略についてお伝えさせてもらいます。 ダンススタジオのHPをよく拝見させて もらっているのですがサイトのアク...