インスタ広告の費用相場や課金形式まで解説【運用時のポイントもご紹介】

画像や動画でユーザー同士のコミュニケーションを行う「インスタグラム」。2019年6月時点で利用者数が3300万人を突破し、これからも成長していくであろう主要SNSの1つです。

インスタグラムが成長中なのに伴い、インスタグラム上で広告を配信する「インスタ広告」も注目されています。インスタ広告では「フェイスブック広告」のプラットフォームを活用した細かいターゲティング設定が可能で、自社の狙ったユーザーにピンポイントに広告を見てもらい、リーチやコンバージョン獲得などへつなげられます。

インスタ広告を運用する上では、事前に課金方式や運用タイプなども考えて費用感を身に付けておくと、適切な設定で最大限のコストパフォーマンスを上げられます。そこで今回はインスタ広告の概要や課金方法の種類、そして最大限の効果を出すためのポイントまで幅広くご紹介。「インスタ広告を導入したいが、事前にどのくらい費用がかかるのか理解しておきたい」、「インスタ広告で最大限のコストパフォーマンスを上げるにはどうすればよいのか知りたい」という方はぜひご覧ください。

インスタ広告の費用はどれくらい?

インスタ広告では、前述の通りフェイスブック広告と同じプラットフォームを利用するので、性別や年齢、地域など、細かいターゲットユーザー属性設定が可能です。また設定目標に応じて自動的に最適な方法で広告を配信してくれる機能もあるので、効果の上がる広告を配信しやすくなっています。

またインスタ広告は「セルフサーブ」型の広告です。セルフサーブ方式では企業が予算や掲載期間を自由に決められるので、予算が少なくても広告配信を行えます。これによりインスタグラム広告は大手企業だけでなく、中小規模の企業にまでその人気を拡大させています。

では肝心の費用感はどうなっているのでしょうか?インスタグラムでは最低金額100円から広告配信が可能です。しかし予算が少なすぎると配信量も少なくなってしまい、あっという間に配信が終了してしまうのであまり効果はありません。

予算相場としては最低1日当り1000円、月額3万円ほどが1つの目安です。後ほどシチュエーションに応じたおすすめの費用もお教えするので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

インスタ広告課金方法の種類

ここからは、費用に関係するインスタ広告の課金方法についてご紹介していきます。

  • CPC (Cost Per Click)
  • CPM(Cost Per Mille)
  • CPI (Cost Per Install)
  • CPV (Cost Per View)

CPC (Cost Per Click)

CPCはWeb広告全般で昔から使われている課金方式で、広告が1クリックされるごとに課金されます。1クリックごとに最低40円ほどかかります。

「広告クリック後に商品・サービス紹介の「LP(ランディングページ)」への誘導などを行いたい」、といったときにピッタリの課金方式です。

CPM (Cost Per Mille)

CMPはインスタ広告の配信数が1000回を超えるごとに、課金が行われる方式です。1配信当り最低0.5円ほどかかり、クリックなど配信以外のアクションでは課金されません。

CPMは、「インスタ広告を使って自社の認知度を向上させて今後に活かしたい」といったケースに当てはまる場合にピッタリの課金方式です。

CPI (Cost Per Install)

CPIは少し特殊な形式で、広告リンク先のアプリインストールが行われるたびに課金されます。つまりアプリインストール広告に特化した課金方式です。1インストール当り最低100円ほどかかります。

使用場面は限られますが、「自社で作ったアプリをターゲットユーザーに知ってもらい、インストールまでこぎつけたい」といった目的がある場合には最適の課金方式です。

CPV (Cost Per View)

CPVは、動画広告専門の課金形式です。インスタ広告で配信した動画が合計10秒以上再生されるごとに課金されます。最低金額目安は1再生当り4円ほどです。

動画をインスタ広告で配信する際は、このCPVとさきほどのCPM、どちらか2つの課金方式を選べます。最適な設定でインスタ広告を配信する場合、「認知度向上用の動画広告である」という場合はCPMを、「商品購入やサービス登録など、コンバージョンやそれに準ずるアクションを取ってもらうための動画広告である」といった場合はCPVを選択しましょう。

インスタ広告のおすすめ費用 ケース

ここからはインスタ広告でおすすめの費用ケースを、

  • 認知度向上など、ブランディング目的の場合
  • コンバージョン獲得目的の場合

の2つに分けてご紹介します。

認知度向上など、ブランディング目的の場合

認知度向上などブランディング目的の場合は、「いかにたくさんのターゲットユーザーに自社のことを知ってもらうか」がポイントになります。ですからコンバージョン獲得など目的がピンポイントなものよりも、多少コストをかけたほうがよい結果を出しやすいです。

おすすめの費用としては10万円など。少し高く感じてしまうかもしれませんが、CPMと併用すればたくさんのユーザーにリーチできる広告配信が可能になります。

コンバージョン獲得目的の場合

コンバージョン獲得など目的がピンポイントなものは、予算よりも「どのターゲットユーザーに広告配信すれば確実にコンバージョンにつながるか」、データをもとに考えて広告に反映させることが重要です。そして認知度向上などの目的よりもピンポイントな配信になるため、広告費用は安くなります。

おすすめとしては、インスタ広告の実質的な出稿最低額としてご紹介した月額3万円ほどでも十分だと思います。ただし「複数の広告を同時配信して、コンバージョン効果の高かった広告を分析で見極めたい」という場合は、「3万円×同時配信したい広告の数」分ほどの費用を用意すると、効果を測定しやすくなります。

インスタ広告で効果を出すためのポイント

ここからは、適切な費用で最大限の効果を出せるように、インスタ広告で効果を出すためのポイントを3つご紹介していきます。

  • ターゲットユーザーや目標などを明確にする
  • 魅力的なクリエイティブを定期的に制作して情報発信する
  • 広告代理店依頼やインフルエンサー起用なども検討してみる

ターゲットユーザーや目標などを明確にする

まずはターゲットユーザーや、インスタ広告配信で達成したい目標などを明確にしましょう。

広告配信で効果を出すのに失敗した企業に多いのが、「そもそもターゲットユーザーや目標などを明確に立てられていない」ケース。事前の準備をしっかりせずに広告を出しても、無駄な出費に終わるのは目に見えています。

例えば見たことのない美容成分の入っている化粧品を売り出すときは「ターゲットユーザーは新しい化粧品が好きな10~20代の学生やOLで、インスタ広告経由で5万人くらいに情報発信して、まずは500個ほど販売を成功させる」など、ターゲットユーザーや目標などの設定をしっかり行っておけば安心です。こうすればCPCなど、どの課金方式でインスタ広告を出稿すればよいかすぐ分かるし、予算感もつかみやすくなります。

魅力的なクリエイティブを定期的に制作して情報発信する

インスタ広告では、いわゆる「インスタ映え」しない「クリエイティブ(広告に必要な画像や動画などの制作物)」は受けが悪いので、なかなかユーザーが見てくれません。また鮮度の低い、要は内容を変えずに長期間配信しているものはどんどん配信されにくくなります。

ですからインスタ広告で最大限効果を上げるには、きれいでテーマがすぐわかる、といった魅力的なクリエイティブを使った広告を、定期的に更新する必要があります。人気のある競合企業アカウントの投稿なども調査しながら、「どういった広告デザインがターゲットユーザーに受けるのか」を常に考えるくせをつけておきましょう。また広告もキャンペーンが終わったらすぐ次の商品やサービスの広告を用意するなど、こまめな情報入れ替えを忘れないようにしましょう。

広告代理店依頼やインフルエンサー起用なども検討してみる

「細かいターゲットユーザーや目標設定がなかなかできない・・・」、「魅力的なクリエイティブを定期的に作るには社内人員が不足しており、スキルも足りない・・・」そんなお悩みがある場合は広告代理店にインスタ広告運用を代行してもらうのも1つの手です。

広告運用に関するプロの広告代理店が、ターゲットユーザーや目標決めのサポートからマーケティングまで、広告運用に必要なプロセスを一括して代行。それにより自社で1からインスタ広告運営するより宣伝効果が上がりやすくなります。人手やスキル不足で悩んでいる場合は、ぜひ広告代理店への依頼も検討してみましょう。

弊社「株式会社ウィニングフィールド」もその1つです。実績などは下記に掲載しているので、この記事で興味を持った場合はぜひアクセスしてみてくださいね。

ウィニングフィールドSNS広告運用代行サービスご紹介ページ

また「インフルエンサー(SNS上で影響力のある人)」と契約してインスタ広告を掲載してもらい、効果を見込む方法もあります。自社に合ったインフルエンサーを選べば、インフルエンサーのファンをそのまま自社ファンとしても取り込める、自社の認知度が低くても、インフルエンサーと連携してたくさんのユーザーにリーチができるなど、さまざまなメリットがあります。

ただし影響力の強いインフルエンサーほど発生する料金も高くなるので、予算には十分注意しておきましょう(1フォロワー当り3~8円が目安)。

まとめ

今回はインスタ広告の費用相場や課金方式タイプ、さらにはおすすめの費用ケースやインスタ広告を最大限活用するポイントまでご紹介してきました。

現在成長中のインスタグラムに広告を出稿できるインスタ広告を利用すれば、大きな宣伝効果を見込めます。課金方式までしっかり理解しておけば効果的な情報発信ができるので、ぜひこの記事でしっかり覚えてください。

ちなみに今回ご紹介した予算はあくまで目安です。予算はターゲットユーザーや達成したい目標などによっても変動するので、予算ばかりに気を取られて効果的な広告出稿を行う努力を忘れないようにしてください。

 プロフィール:businessofd

 ウェブ制作やウェブマーケター、ウェブライターとしても活躍。

 新しいITニュースが出れば即ググって徹底的に調べるITオタクの一面も。

 ずっと読まれる分かりやすい記事を希求し続けている。

  • スッキリ理解!Facebookビジネスアカウントと個人用の違いを解説
  • ブログ集客を成功するために大切なこと!集客方法や失敗の原因を解説
  • Webマーケティングとは?基礎知識と企業が取り組むべき施策
  • ECサイト
    ECサイトとは?種類やそれぞれのメリット・デメリット
  • 企業ブログ
    企業ブログを運営する目的 | メリット・デメリットや運営する上で大切なコト5つ
  • 【メリット・デメリットなども解説】ウェブ広告の事例をご紹介します!
おすすめの記事
手段や手法を追っても意味がない
SNS広告・集客施策
昨日渋谷で脱毛サロンを営む店舗オーナーと カウンセリングを行っていました。 大阪で反響が出て東京にて2店舗進出したものの 大手ミュゼの倒産危...
地域でNo.1になる方法とは
地域商圏・集客マーケティング
今までのメルマガなどでダンサーは圧倒的な スマホユーザーとは言いつつもスマホのサイトが どうのということをあえて出しませんでした。 というの...