スッキリ理解!Facebookビジネスアカウントと個人用の違いを解説

Facebookを活用したWeb集客を進めていくためには、Facebookページを運用していく必要があります。

企業のWeb担当者にとって、フェイスブックでビジネスをするには避けて通れない取り組みになるでしょう。

今回は、フェイスブックページ、すなわちFacebookビジネスアカウントと個人用のアカウントの違いについて解説していきます。また、アカウントの違いの理解をもとにしてFacebookビジネスアカウントの作成手順から活用方法まで案内していきましょう。

自社のビジネスアカウントを有効的に活用しようと考えている企業のWeb担当者のフェイスブック運用に役立ててみてください。

そもそも個人用アカウントとビジネスアカウントの違い


2013年までは、フェイスブックページのことを「フェイスブックビジネスアカウント」と呼んでいました。今現在では、フェイスブックページを作成することがビジネスアカウントを登録することにつながります。

また、個人用のアカウントとの違いについて、特にFacebookコンテンツ上でのビジュアルは変わりません。ただし、FB個人用アカウントとFacebookビジネスアカウントでは機能制限が違うのです。

次にFBビジネスアカウントと個人用アカウントの特徴の違いを取り上げてみましょう。

個人アカウントページの特徴

登録実名(本名のみ)商品名・サービス名など不可
友だち申請5000人まで申請可能
公開範囲Facebook登録ユーザー間まで
リアクション「いいね」「コメント」投稿可能
広告配信機能なし
予約投稿機能なし
インサイト解析機能なし
管理者複数共有不可

ビジネスアカウント(FBページ)の特徴

登録会社名、サービス名、商品名 可
友だち申請不可
公開範囲FB登録ユーザーを含む一般検索ユーザーまで可能
リアクション「いいね」「コメント」投稿不可(返信コメントのみ可能)
広告配信機能あり
予約投稿機能可能
インサイト解析機能あり
管理者複数共有複数管理人で共有可能

個人アカウントで投稿した場合、検索エンジンには取り上げられることはないけれど、FBページでの投稿は、検索エンジンに取り上げられる可能性があります。つまり、Facebookビジネスアカウントで発信した投稿は、SEO上でも有効的であり公開範囲が広いのです。

facebook ビジネスアカウントの作成手順


FBビジネスアカウント作成をするには、個人アカウントにログインをする必要があります。個人アカウントを登録していないとFacebookページは作成できません。言い換えると、個人でもビジネスアカウントを活用することができるのです。

次に個人アカウントにログインした状態で、フェイスブックアカウント最上段ナビ内の「作成」を選択して、「ページ」を選びます。

ページアカウントを取得

「ページ」を選択した後に、FBページの「カテゴリ」と「ページ名」の登録を入力することが必要です。

カテゴリ選択

ここでは、フェイスブックページにより提供するサービスや商品に関連するカテゴリに設定することが必要になります。

ページ名の記入

続いて設定が必要となる「ページ名の記入」では、ビジネスアカウントのメインタイトルとなる重要な設定です。

基本的に「企業名」「法人名」「ブランド名」を設定していくことになります。

 

プロフィール写真を追加する


フェイスブックページをユーザーに見つけてもらえるように、プロフィール写真やカバー写真をアップロードしましょう。ここで選ぶ画像は、解像度の高い写真ファイルがおすすめです。

各種設定

さらにFBページでは、ビジネスアカウントに合わせた詳細設定ができます。

 

「公開範囲」の設定

作成したばかりのページでは、「公開範囲」が「このページは後悔されています」となっているため、公開できる状態になるまで「非公開」に設定する必要があるでしょう。

「ビジター投稿」の設定

ビジター投稿では、Facebookページに訪問したビジターユーザーでも投稿ができるように設定編集が可能です。

FBページの制限機能

次にFacebookページ内で制限できる機能を紹介します。

  • 投稿のプライバシー設定
  • タグ付けの制限
  • 国別制限
  • 年齢制限
  • ページのモデレーション(ページで文言のブロック可能)
  • 不適切な言葉のフィルター(文言にフィルターがかけられる)

 

同様のおすすめページの設定

作成したFBページと関連したページも紹介する設定が可能です。

自動で翻訳

Facebookページでは、使用言語が自動で翻訳される機能を備えています。インバウンドに対応したページコンテンツが提供できるのです。

ページを統合

既に作成されたFBページとページを統合することができます。複数のFBページ運用中にページを1つにまとめる編集が可能です。

以上のようにFacebookページでは、ビジネスアカウントの属性(カテゴリー)によって、設定を管理者コンテンツに合わせて最適化することができるのです。

facebook ビジネスアカウントの使い方

先ほど紹介したFBビジネスアカウントの作成を済ませることで、実際にFacebookページを使うことができます。ビジネスアカウントの場合でも個人用のアカウントと同じように情報の投稿や動画や画像コンテンツをアップしていく仕組みです。

ここでは、ビジネスアカウントでしか表現できない機能を紹介していきましょう。

注目のサービスは「トップに固定」

個人用のアカウントでは使うことのできない機能が、ビジネスアカウントの投稿項目の中にあります。本来、投稿をするとタイムラインとして古い記事は下のほうへ卸されてしまうのです。

FBビジネスアカウントで使える「トップに固定」機能を設定した投稿は、最大7日間ピンマークとともに投稿のトップに表示されます。

購入・登録などアクションボタンの追加


ビジネスアカウントでは、「ページにボタンを追加」を使うとFacebookページ利用者に行動を喚起するボタンを設置することが可能です。

「ページボタン」の活用項目は、「予約」「連絡」「ビジネス詳細案内」「購入」「アプリ導入」などユーザーの行動を高めることにつながるでしょう。

ユーザーからのレビュー投稿機能


ビジネスアカウントには、ページユーザーが商品やサービスを利用したレビューを投稿できる「レビュー」機能「ご意見・ご感想」投稿欄として活用できます。レビュー機能では、「顧客の声」として評価されていくのです。

イベント開催アピール機能


ビジネスアカウントでは、ページユーザーが興味関心を持つ「イベント」の告知機能があります。オンラインオフライン問わず、今後開催予定のイベントを作成してページ内で案内することが可能です。

ページ内コミュニティ形成機能


FBページには、「コミュニティ」と「グループ」の項目から、ページ内にフォロワー同士がつながる「グループ」を作ることができます。

先ほど紹介した「イベント」作成の前段階の役割としても、顧客同士が交流できる場の形成になるでしょう。

ページユーザー向け割引クーポン作成機能


Facebookページに訪れるユーザーに向けた割引クーポンなどを作成することができます。クーポンは、有効期限も設定できることから緊急性を訴求することも可能です。

facebook ビジネス アカウント まとめ


Facebookビジネスアカウントについて、解説してきました。個人用アカウントとは違い、細かな設定ができることが理解できたでしょうか。

企業のWeb担当者にとって、Facebookビジネスアカウントをカスタマイズすることは必要な取り組みになります。Facebookページを活用して、ページのカテゴリに合わせた訪問ユーザーの興味関心を高めるコンテンツを作っていきましょう。

 

この記事を書いた人

絵鳥 彰太郎

Webマーケティング、デジタルマーケティング関連の記事執筆に注力しています。

常に目の前にあるモノを常識として捉えない姿勢。違った角度から見ることをモットーとしているコンテンツメーカーを目指して日々邁進する男性ライターです。

関連キーワード
  • スッキリ理解!Facebookビジネスアカウントと個人用の違いを解説
  • 【メリット・デメリットなども解説】ウェブ広告の事例をご紹介します!
  • SNSの集客は予備知識が必要?メリットデメリットと事例紹介
  • インスタ広告の費用相場や課金形式まで解説【運用時のポイントもご紹介】
  • Facebook広告の出稿の前に知っておきたいメリットデメリットと始め方
  • SNS運用代行を利用するメリットと代行会社の比較
おすすめの記事
サイトリニューアルしました
News
コーポレートサイトのリニューアルを行いました。 また、旧ブログの   【ダンススタジオ集客ノウハウのブログ】を   【中小企業・店舗WEB集...
スマホとSNSを最大限に利用する!
SNS広告・集客施策
現在、スタジオに集客する上でターゲットとなる 顧客が今一番使用しているもの、それが ・スマートフォン ・SNS になります。 スマートフォン...