Twitter広告の効果的な活用方法や種類を詳しく解説

爆発的な拡散力を持つTwitter。そのTwitterに広告を出すことは大きな宣伝力を見込まれる事から多くの企業団体から個人まで参入しています。今回はそのTwitter広告について、種類や特徴、費用を詳しくご紹介していきます。

Twitter広告とは

その名の通りTwitterに出稿できる広告のことです。Twitterにはプロモツイートやプロモアカウント、プロモトレンドなど、様々な形で広告を表示することができます。日本国内での月間の利用者数は4,500万人にも登り、大勢の幅広い年代にもアポローチすることができるのがTwitter広告です。

Twitter広告の特徴

Twitter広告の特徴として一番にあげられるのは、リスティング広告との違いです。

リスティング広告とは、インターネット検索時、検索キーワードに応じて検索結果に表示される広告のことです。(Google広告やYahoo広告などがリスティング広告)リスティング広告は表示された時点では広告主に課金されず、利用者がクリックをした時点で課金される「クリック課金」となっています。

しかし、Twitter広告では「閲覧」「返信」「リツイート」のような利用者のアクションに応じて課金される方式になります。(対象となるアクションは広告タイプによって異なります。)そして、Twitter広告に対する課金は一次拡散のみに行われるのもTwitter広告の特徴です。

Twitter広告の種類

Twitter広告の種類は主に3種類あります。

プロモツイート

プロモツイートは広告主がお金を払う対価として幅広い利用者にサーチしたり、既存のフォロワーからのエンゲージメントを獲得したりできるツイート広告になります。プロモツイートはタイムラインに表示され、広告主のプロモツイートには全て、「プロモーション」という表示がされますが、その点を除けば通常のツイートと同様であり、リツイートやいいねといった操作ができます。そのため、多くの拡散が期待される広告方法になり、商品やサービスPRに適しています。

プロモアカウント

プロモアカウントは、現在フォローしていないアカウントの中で利用者が興味を持ちそうなアカウントをオススメする広告になります。プロモツイートは、ツイート単位の広告でしたが、こちらはアカウント単位で認知してもらえるため、フォロワー数獲得を目的とした場合に適しています。

プロモトレンド

プロモトレンドはTwitterにあるトレンドリストの上部に24時間掲載できる広告になります。トレンドリストは、利用者が「いま」起きている事を見つける場になっていますので、出稿場所としてはとてもインパクトがあります。そして、指定したキーワードでハッシュタグを表示することができ、その話題に関するTwitter検索結果の一番上に広告を表示することができます。ハッシュタグは一般利用者が使用して広がっていくため、新商品・サービスの発表に適しています。

Twitter広告の効果的な活用方法

Twitter広告でプロモーションをする場合は、ターゲティング機能を使えば、特定のターゲット層に絞って自社の商品やサービスの魅力を伝えることができます。

Twitter広告ターゲティングの種類

ターゲティングの種類は9種類あります。

1,言語ターゲティング

特定の言語を使用している利用者に広告を表示します。

2,性別ターゲティング

男性利用者、女性利用者に限定して広告を伝えることができます。

3,インタレストターゲティング

利用者がTwitter上で特定の商品やサービスに興味や関心を持った、あるいは反応を示したトピックを元に広告を表示します。

4,フォロワーターゲティング

関連性の高いアカウントのフォロワーをターゲティングし、特定の商品やサービスに関心を示すと思われる利用者に広告を表示します。

5,端末ターゲティング

特定のモバイル端末からTwitterにアクセスしている利用者をターゲティングします。アプリなどのような端末が限定されている広告には効果的になります。

6,言動ターゲティング

Twitter上以外でのショッピング履歴やライフスタイルの傾向に基づいて、利用者に適切な広告を表示します。(twitterパートナーから取得)

7,キーワードターゲティング

Twitterで最近ツイートしたことや検索された言葉に基づいて、利用者をターゲティングします。そして、利用者にとってベストなタイミングで広告を表示できます。

8,地域ターゲティング

小さな地区から国全体、さらには全世界まで、ビジネスのニーズや目的に合った地域の利用者に広告を表示できます。

9,テイラードオーディエンスターゲティング

各社独自のマーケティング用の顧客リストを使ってTwitterの特定の利用者層をターゲティングし、効果的に広告を表示します。

Twitter広告のメリット・デメリット

メリット

①拡散されやすい

Twitter広告のメリットの1つは拡散されやすいということです。拡散は他のSNSでも共通するメリットですが、中でもTwitterには「リツイート」という機能があります。また、元のツイートに自分の意見を記載して投稿する「引用リツイート」という機能もあり、圧倒的な拡散力を持ちます。

②二次拡散に対しては非課金

Twitter広告に対する課金は一次拡散のみに行われます。そのため、二次拡散に対しては非課金となり、二次拡散が進めば進むほど広告あたりのコストが安くなる点は大きなメリットです。

③フォロワーターゲティング

ターゲティングに関しましては、他のWEB広告でも使えるものがほとんどなのですが、「フォロワーターゲティング」はTwitter広告の独自のターゲット項目になります。この機能を利用することにより、競合の顧客に似た利用者への広告表示が可能になります。商品やサービスに関心を持つ層には、年齢や性別以外の部分での共通点がある場合が多く、それをTwitterが発見し、広告を表示してくれるので、的確に効果的な広告を表示することができます。

デメリット

デメリットは1つ。それは非公式リツイートされたものは自ら削除することが出来ないということです。リツイートには「公式リツイート」と「非公式リツイート」があります。

「公式リツイート」は一般的な他人のツイートをそのままタイムラインに表示することです。「非公式リツイート」は他人のツイートを自分のツイートして扱い、リツイートした元のツイートが削除されても、非公式リツイートは残り続けます。なので広告内容に誤りがあっても、取り返しがつきません。メリットであるリツイート機能がデメリットになる可能性がありますので、広告内容には誤りは絶対無いようにしましょう。

Twitter広告にかかる費用

Twitter広告は利用者が起こしたアクションごとに課金体系が異なります。そのため、明確な数字は出ておりません。Twitter広告はオークションシステムによって決められ、支払う金額は以下の要素によって決まります。

・広告の魅力

・ターゲティングしているオーディエンスのサイズ

・同じオーディエンスをターゲティングしている他の広告主の数

・入札額

一般的に、需要の多いオーディエンスは広告掲載に必要な入札額が高くなります。入札額は、選択した目的の請求可能なアクションに支払っても良い金額で、入札額が高い広告主の方がオークションに勝利して広告を表示できる可能性が高くなります。

Twitter広告の始め方

1,アカウント作成

広告用のアカウントには必要なものが2つあります。「Twitterのアカウント」と「クレジットカード」になります。ここで注意が必要なのですが、Twitter広告には「参加資格」が設けられており、Twitterのアカウント開設から広告が始められるようになるまで、「一定のアビリティ」が必須となりますので覚えていてください。

2,アカウントの詳細設定

ここでは主に、「支払い方法」や「アクセス権限」「タグの設置」などになります。アカウントができるとすぐに出稿したくなるものですが、その前にアカウントの詳細設定は忘れずに行ないましょう。

3,広告目的を選び、詳細を決める

Twitter広告を配信する目的を選択しましょう。Twitter広告には目的ごとに複数タイプの広告キャンペーンが用意されています。選択したら、広告キャンペーンの詳細を決めます。「キャンペーン名」や「配信期間」「日別予算」などを決めます。

4,広告を配信するターゲットを決める

ここでは目的に応じて、様々な要素から配信する利用者を絞り込んで設定します。Twitter広告には様々なターゲティング方法が利用可能なので、そちらからお選びください。

豊富に取り揃えられたターゲティング方法で質の高いオーディエンスを効率よく集めることが可能なのがTwitter広告の強みなので、広告の内容や目的に適したターゲティング方法をお選びください。ターゲティングが設定が終了すると、Twitter広告の設定は完了です。後は、広告として配信するツイートを選択し、配信するとあなたもTwitter広告主に一人になります!

まとめ

今回はTwitter広告についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?TwitterというSNSの特徴を有効に利用したTwitter広告は非常にオススメの広告方法です。現代はSNSの普及が進み、今の時代にぴったりな広告方法になっております。とはいえ、全ての商品やサービスにマッチするとは限りません。Twitter広告を始める前に広告したい商品・サービスがTwitter広告で効果的にプロモーションできるかを検討することも大切なってきます。是非、広告したい商品・サービでTwitter広告を有効的に活用してみてください。

関連キーワード
  • Instagramのビジネスアカウントとは?機能や魅力的なアカウントの作り方
  • Googleアドセンスとは?初心者でもわかる基本的な仕組みを解説します
  • laptop
    レスポンシブ広告とは?メリットや注意点、仕組みまで解説します!
  • Googleアドワーズ(Adwords)とは?使い方から広告費用まで解説します
  • 国内大手検索エンジンYahoo! JAPANの広告サービスの紹介
  • アップセルとは?クロスセルとの違いや、実施方法について
おすすめの記事
スタジオが取るべきYou Tube戦略
SNS広告・集客施策
本日はスタジオのYOU TUBE戦略についてお伝えさせてもらいます。 ダンススタジオのHPをよく拝見させて もらっているのですがサイトのアク...