Yahooリスティング広告とは?リスティングの良さなど徹底解説!

ネット広告には様々な広告方法がありますが、一番主流なのがリスティング広告になります。そして今回は、Yahooリスティング広告についてお伝えします。何かを調べるときには、YahooもしくはGoogleの検索エンジンを使うと思いますが、Googleにもリスティング広告があります。

リスティング広告という広告サービスを理解して、あなたが広告したい商品・サービスは相性が良いかを考えて広告を出すことが大切になってきます。Google広告とYahoo広告の違いやリスティング広告の強みを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リスティング広告とは

Yahooのリスティング広告やGoogleのリスティング広告はよく耳にしますが、そもそもの「リスティング広告」についてお伝えします。

リスティング広告とは、広告サービスにお金を払って、YahooやGoogleなどの検索結果画面上に広告が表示されることになります。掲載場所としましては、検索結果ページの上部や下部に広告ラベル付きで表示されます。なので、あなたも一度は目にしたことがある広告となっています。

基本的にYahooとGoogleどちらかの広告サービスが利用されることが多いです。

Yahooリスティング広告とは?

Yahooリスティング広告はスポンサードサーチという広告方法になります。

スポンサードサーチ

Yahoo! JAPAN上で検索した際に、その検索キーワードに連動して広告が配信され、Yahoo! JAPANの検索結果画面やその他大手の提携サイトの表示される広告方法になります。

スポンサードサーチとYDNの違い

Yahoo広告には、「スポンサードサーチ」と「YDN」の広告方法があり、2つの違いは以下のようになります。

①広告の掲載面

スポンサードサーチ:検索結果ページに広告が表示されます。

YDN:コンテンツページ(Yahoo天気やYahoo!ニュース)に広告が表示されます。

②掲載できる広告

スポンサードサーチ:テキスト広告のみ

YDN:テキスト広告、画像広告、テキスト+画像広告

③ターゲティング

スポンサードサーチ:デバイス、地域、曜日・時間帯、サイトリターゲティング

YDN:上記のターゲティングに加え、年齢、性別、サイトカテゴリーなど計10種類

それぞれに違いがありますが、効果的な広告を行うためにはスポンサードサーチとYDNの仕組みを理解して、両方で広告を配信することをオススメします。

YahooとGoogleのリスティング広告を比較

Yahooでは「スポンサードサーチ」Googleでは「検索ネットワーク」というリスティング広告サービスを提供しています。

2つの違いは以下のようになります。

①広告掲載先

Y:Yahooの検索結果ページやBing、Exciteなどにも表示されます。

G:Googleの検索ページのみになります。

「スポンサードサーチ」の場合は、他の検索サイトやポータルサイトとも連携しているため、Yahooの検索ページ以外にも表示されるため、「検索ネットワーク」より幅広く広告配信することができます。

②広告表示オプション

Y:「クイックリンク」「電話番号」「テキスト補助」「カテゴリ補助」

G:上記のオプションに加え、「サイトリンク」「レビュー」「住所」など

広告オプションは「検索ネットワーク」の方が多く種類があります。広告掲載初心者やシンプルな広告配信を好む方は「スポンサードサーチ」がオススメです。

③連携サービス

Y:特にありません

G:Google Analytics、Googleタグマネージャー

「スポンサードサーチ」の場合は外部サービスを行う形になりますので、アクセス解析ツールやタグのマネジメントツールを使い機会が多い方はGoogleの方が良いです。

リスティング広告の料金形態

料金形態

Yahoo広告の料金形態は「クリック課金型」になります。ユーザーが広告をクリックした(広告主のホームページに来訪があった)際に広告料金が発生します。言い換えると、広告が表示されてもその広告がクリックされなければ、料金は発生しないということになります。クリックされた際に発生する料金の上限は、自由に設定でき、「クリック料金×クリック回数」が実際にかかる広告料金になります。クリックされた際に発生する料金が高ければ高いほど、上部の目立つ位置に広告が表示されるため、広告予算を考えた上でクリック料金をお決めください。

返金制度

アカウント残高の返金は可能になり、返金方法は以下の2つあります。

・返金のみを依頼

返金は「一部返金」と「全額返金」ができます。「一部返金」の場合は、アカウント残高より、あなたの希望に合わせて返金されます。一方「全額返金」の場合は、見込み消費税も合わせて全額返金されます。※返金を希望する際は、アカウントの配信設定をオフにする必要がありますので、注意してください。

・アカウント解約

アカウントを解約される場合は、見込み消費税も合わせて全額返金されます。

上記2つの返金方法は、直近に入金した(クレジットカード、銀行振込)方法で返金されます。

コンバージョン測定

コンバージョンとは

「コンバージョン」とは、広告閲覧したユーザーが広告主の決めた最終的な成果に至ることになります。最終的な成果は、広告主が取り扱う商品やサービスによって異なります。代表的な例ですと、「商品の購入」「会員登録」「アプリダウンロード」「資料請求」などになります。

コンバージョン測定とは

リスティング広告で掲載されている広告からのコンバージョン数を計測する機能になります。コンバイジョン機能を使うことにより、広告がどの程度成果を上げているかなどを確認できます。

コンバージョン測定をする前に

測定をする前に、以下の2点について確認する必要があります。

1.広告主の「コンバージョン」が何なのかを定義し、定義した「コンバージョン」が発生するパターンを洗い出す。

2.洗い出したコンバージョンが、「サイト上でコンバージョンが完結するか」「サイト上ではコンバージョンが完結しないのか」のどちらかを判断。

完結するか完結しないのかで、測定方法が異なってきますので、測定を始める前にご確認してください。

Yahooリスティング広告のメリット・デメリット

メリット

・返金制度があるので、安心して始められる

・クリック課金型になるので、広告表示だけには広告がかからず費用対効果が高い

・広告掲載先がYahoo以外の提携サイトに表示できるため、幅広く広告できる

・検索ページも上部もしくは下部にラベル付きで表示されるため、ユーザーに不信感を与えない

・検索ページに表示されるため、売上に繋がりやすく、クリック率が期待できる

デメリット

・連結サービスがなく、外部のサービスになる

・広告オプションが少ないため、選択肢が少なく、多彩な広告が難しい

・国内検索エンジンの多くは、YahooとGoogleなためGoogleしか使わないユーザーがいる

まとめ

今回はYahooのリスティング広告についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?リスティング広告は様々な広告サービスで提供されていますが、やはりYahooとGoogleが主流になります。初めて広告掲載を始める方には、Yahoo広告がオススメになります。国内大手検索エンジンの「Yahoo」その検索結果ページに効果的な広告を出し、売上をあげてください!

関連キーワード
Yahoo!広告の関連記事
  • バナー広告の効果とは?メリットや費用などまとめて解説!
  • リスティング広告を解説!その仕組みと、効果的な運用方法とは?
  • Yahoo「スポンサードサーチ」効果的な広告配信をするために徹底解説
  • 国内モールNo,1「Yahooショッピング」押さえるべきポイントは?
  • 国内広告オススメのYDN!必要なポイントを徹底解説
  • Yahooリスティング広告とは?リスティングの良さなど徹底解説!
おすすめの記事