国内広告オススメのYDN!必要なポイントを徹底解説

国内最大級ユーザー数と接点が持てる広告「Yahoo広告」

「Yahoo広告」には広告方法が主に2つあり、今回は「YDN」についてお伝えしますが、

Yahoo広告に「YDN」があるように、グーグル広告にも「GDN」があります。なので今回は「YDN」のことはもちろん、「YDN」と「GDN」の違いもお伝えしますので、「YDN」での広告掲載を考えている方はぜひ参考にし、より良い広告掲載を始めてください。

YDNとは

YDNとは、Yahoo!ディスプレイアドネットワークの略になり、「Yahoo!ニュース」や「ヤフオク!」などのサービスや「毎日新聞」「クックパッド」など大手パートナーサイトのコンテンツページに広告表示ができます。YDNの特徴としましては、「アプローチしたい人」や「過去にサイトを訪れた人」など条件を設定し、それぞれの条件に一致するインターネットユーザーが閲覧中のコンテンツページに広告を表示できることになります。また、スポンサードリーチだけでは獲得することができないユーザーもYDNを併用することで、より効果的に広告を配信できます。

YDNとGDNの違い

 

「Yahoo!」「Google」代表的なアドネットワークな2つです。

主な違いは以下の項目になります。

・広告配信先

YDNとGDNでは広告配信できるサイトに違いがあります。

Y:「Yahoo!ニュース」「毎日新聞」「Ameba」など

G:「YouTube」「食べログ」「ライブドアブログ」など

サイトにより、年齢層や性別が異なってきますので、広告したい商材やサービスと配信できるサイトとの相性を考える必要があります。

・ターゲティング

YDNとGDN双方で利用できるターゲティングもあれば、片方だけで利用できるターゲティンもありますので、今回は片方だけで利用できるターゲティンを紹介します。

Y:サーチターゲティング

G:子供の有無、世帯年収、カスタムアフィニティカテゴリなど

ターゲティングに関しては、GDNの方がより多くの種類があります。

・予算管理

ディスプレイ広告とリスティング広告の予算管理に違いがあります。

Y:ディスプレイ広告とリスティング広告の予算が別枠

G:ディスプレイ広告とリスティング広告の予算が同枠

同じアカウントでディスプレイ広告もリスティング広告も運用できますので、広告予算の管理には気をつけてください。

YDNの主な広告掲載方法

YDNの主な広告掲載方法は以下3つになります。

ターゲティング

PCやスマートフォン、タブレットを使っているユーザーの属性や地域に対して、登録している広告とユーザーの興味や関心との関連性を加味しながら広告を表示する広告掲載方法になります。広告配信できるデバイスは、PC・タブレット・スマホになります。

インフィード広告

スマホ版Yahoo! JAPANのトップページをはじめ、スマホにおけるタイムライン型のページに広告を表示する広告掲載方法になります。広告配信できるデバイスは、タブレット・スマホになり、PCには配信することはできません。

動画広告

スマホ版Yahoo! JAPANトップページやYahoo! JAPANが提供する一部のサービスのタイムライン上に、動画付きの広告を表示する広告掲載方法になります。上記の2つでは表現できない、動画の特性を生かした広告配信は可能になります。

広告掲載フォーマット

主な広告掲載フォーマットは以下の4つになります。

「テキスト」

テキスト、説明文、表示URLなどのテキストのみで構成された広告になります。

「テンプレート」

入稿内容の構成要素を組み合わせ、多様なデバイスや掲載面に対応したクリエイティブな広告になります。

「ディスプレイ」

画像とテキストで構成されている広告になります。

「動画」

動画とテキスト、画像、ボタンなどで構成される広告になります。

上記4つと広告掲載方法の組み合わせ

ターゲティング:「テキスト」「ディスプレイ」「テンプレート」

インフィード広告:「テンプレート」

動画広告:「動画」

広告掲載方法により、利用できるフォーマットも変化しますので注意してください。

レスポンシブとは

レスポンシブは、多様化するデバイスや掲載画面に合わせて、広告内容を自動的に最適化し配信する広告になります。PCやスマホ向けにそれぞれの広告画像を用意する必要がなく、1種類の広告を入稿するだけで、各デバイスに最適な広告にしてくれます。とても便利でデバイスごとに修正する手間が省けます。そして、上記の広告掲載フォーマットの1つになり、Yahoo! JAPANでは、PC・スマホともにレスポンシブの配信量を大幅に拡大し、レスポンシブをYDNの主力フォーマットとしています。そのため、既存のテキスト広告や画像広告にレスポンシブを追加するだけで、掲載チャンスが大きくなります。(2017年7月から全体の50%を占めている)

さらに、レスポンシブを使うとクリック率の向上、コンバージョン率の向上見込まれます。そして、広告をコンテンツに溶け込ませ、より情報としてユーザーに届きやすい形式で配信しているため、従来のフォーマットでは獲得することのできなかったユーザーへもアプローチすることができます。

ターゲティングの種類

ターゲティングの種類は10種類あります。

①デバイス

端末やOS、キャリアなどを絞り込んで広告配信することができる機能。

②インタレストカテゴリー

特定の興味や関心を持ったユーザーに対して広告配信できる機能。

③サイトカテゴリー

特定のカテゴリーに属するサイト(広告掲載面)に広告配信できる機能。

④性別

ユーザーの性別をあらかじめ設定して、広告の配信先を絞り込むことができる機能。

⑤年齢

ユーザーの年代をあらかじめ設定して、広告の配信先を絞り込むことができる機能。

⑥地域

広告配信したい地域を、絞り込むことができる機能。

⑦曜日・時間帯

曜日・時間帯を設定し、設定した曜日・時間帯で利用しているユーザーに限定して広告配信できる機能。

⑧サーチターゲティング

Yahoo! JAPANの検索機能でユーザーが検索したキーワードを利用して、ターゲティングを行う機能。

⑨サイトリターゲティング

過去に広告主のサイトを訪問したことのあるユーザーが、YDNの広告掲載画面を閲覧している時に広告配信する機能。

⑩プレイスメントターゲティング

広告配信する、もしくは配信対象外とするサイトを指定することで広告配信先を制御することができる機能。

YDNの料金

YDNは「クリック課金制」になります。設定した予算の中から広告がユーザーにクリックされ、サイトに訪問された分だけ予算が消化されていきます。広告料金は広告主が自由に決めることができ、成果が出た分だけ広告料金が発生します。そのため、広告掲載だけには料金が発生しません。わかりやすくいいますと「クリック料金×クリック回数」が実際にかかる広告料金になります。クリックされた際に発生する料金が高ければ高いほど、上部の目立つ位置に広告が表示されるため、広告予算を考えた上でクリック料金をお決めください。お支払い方法は広告開始前に入金が必要になり、クレジットカードでの決算、もしくは銀行振込での決算になります。

まとめ

今回はYahoo広告「YDN」についてお伝えしまいしたが、いかがだったでしょうか?「YDN」の特徴はやはりターゲティングになりますので、10種類のターゲティング方法をうまく活用することが「YDN」での広告効果向上につながってきます。そして、レスポンシブを利用することも忘れずに行ってください。今回お伝えしたことポイントを押さえながら、より効果的な広告配信をしてください!

関連キーワード
Yahoo!広告の関連記事
  • バナー広告の効果とは?メリットや費用などまとめて解説!
  • リスティング広告を解説!その仕組みと、効果的な運用方法とは?
  • Yahoo「スポンサードサーチ」効果的な広告配信をするために徹底解説
  • 国内モールNo,1「Yahooショッピング」押さえるべきポイントは?
  • 国内広告オススメのYDN!必要なポイントを徹底解説
  • Yahooリスティング広告とは?リスティングの良さなど徹底解説!
おすすめの記事