【最新版】マーケティング資格一覧|目的別のおすすめ資格10選

昨今ではインターネットの普及とともにビジネスの多様化が進み「マーケティング」を重要視し始めています。マーケティング関係の仕事もたくさん増えている中、マーケティングの知識やキャリアップのために資格を取りたい人も多いのではないでしょうか。マーケターとして取っておいて有利な資格かどうかの判断が大切になってきます。

そこで本記事では、マーケティングに関する資格や選び方、目的別のマーケティングでおすすめの資格を10個紹介します。今年にかけてキャリアアップや新たな飛躍として、取り組んでみてください。

マーケティング資格は役に立つのか?

マーケティングの資格を紹介しますが、世の中ではマーケティング業務を関わる人たちの中には資格を持っていなくても活躍する人は多いです。

しかしながら、マーケティング業務や経験は、業界や企業によっては異なる場合があるため、資格取得で新しい知識を得ることで、新たな分野やマーケティング活動を広めることができます。

また新たな知識を業務を通して習得していくには、膨大な時間がかかり、マーケティング部署で業務しながら習得するには相当な苦労を要します。ですが、資格取得のための学習では、より深い知識と効率的な習得が可能です。

マーケティング資格の選び方

マーケティング資格を取得することは役に立つことを説明しましたが、自分にあった資格を選ぶにはどうしたらいいでしょうか?

  • ネットマーケティング
  • 広告やSEM関係
  • ビジネス関係
  • マーケティング分析
  • 営業

以上からマーケティングに関わる資格です。

この中からおすすめの資格をご紹介します。

ネットマーケティングに関する資格

ネットを中心としたマーケティング業務に関わる職種向けの資格です。ネット全般的なマーケティングの知識や用語、基礎概念を身に付けられます。また、特定の職種に関わらず、様々な業界や業種においても役立つ知識や技術を得られるメリットがあります。

■ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定では、インターネット全般の基本的な知識や方法論などを取得できる検定です。試験内容には、インターネットの基礎、Webサイト理論、検索エンジンの構造、プログラミング、検索エンジン対策、プライバシーポリシー、知的財産などインターネットマーケティング運用に欠かせない基礎的知識から関連法規まで構成されている試験になります。認定基準は、「ファシリテート能力」「Webに関する知識や技術」「ネットマーケティングに関する知識」「経営戦略と連動したWebブランディング能力」を評価します。

公式サイトURL

https://www.sikaku.gr.jp/nm/

■マーケティング検定

マーケティング検定は、2017年に新設された検定です。1級、2級、3級の3等級を取得することができ、現時点では3級のみ受験できます。内閣府認定のマーケティング検定は、マーケティングの基礎を効率よく学べ、知識付けることができる検定です。広告代理店の博報堂が新入社員の教育に導入しており、マーケティング知識を一から身に付けるのにおすすめの検定になります。

公式サイトURL

https://www.jma2-jp.org/marken

広告・SEM関係のマーケティング資格

Webやネットにおいて、広告やSEMも重要になります。認知や集客がなければ優れた商品やサービスも利用されません。主要であるコンテンツと同様に力を入れる必要があります。

■Google AdWords認定資格

GoogleAdWords認定資格は、Google広告に関する知識や応用力、実務能力に優れた人物にGoogle公式から認定される資格です。広告やSEMにアプローチする際には、Googleは必ず関係がしているため取得して損はしません。

公式サイトURL

https://support.google.com/google-ads/answer/9029201?hl=ja

■Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験

スポンサードリーチやディスプレイアドネットワーク、Yahoo!プロモーション広告サービス全般などのマーケティングに関する知識を習得できる資格です。200〜1000点にかけて4段階のレベルで認定されます。Yahoo!限定の資格のため、Yahoo!を主要とする担当者であれば取得してもいいでしょう。

公式サイトURL

https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/professional/

ビジネス関係のマーケティング資格

ビジネスマーケティングでは、ネットやウェブにとわず、経営業務を含むコンサルタントを対象とした資格になります。

■中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対して、診断や助言を行う専門家です。法律上では国家資格のため一定以上のレベルの能力を必要とします。業務では、企業の成長戦略を専門的なアドバイスするだけでなく、企業間や行政、金融機関のパイプ役など幅広い活動を求められます。

公式サイトURL

https://www.j-smeca.jp/

■MBA(経営学修士)

MBAでは、経営に関する能力を取得できます。ビジネスや社会の構造が変化していく中で、経営の伝統的セオリーを基本としつつ、新たなビジネス経営のカリキュラムを取り入れるプログラムを受講できます。MBAを取得することで、国内外とわず経営者としての能力と実績を重要視しています。

マーケティング分析に関する資格

マーケティング分析は、商品や店舗、サービスなどの販売促進から様々なデータを分析する仕事です。資格を取得することで、高度なマーケティング分析を行える知識を習得することができます。

■IMA検定

IMA検定の特長は、講義から受験まで自宅や職場など特定の場所以外でも実施できる特徴があります。10年以上の実務担当経験者がカリキュラム、合格者の就職サポート、暗記ではなく検索スキルを需要とする「実務主義」にこだわった検定です。

公式サイトURL

https://ima-kentei.jp/

■Webアナリスト検定

Webアナリスト検定では、アナリティクスを基礎から学べる検定です。分析ツールを利用してデータ分析の基本、「集客・回遊・コンバージョン・リピート」に分けて、分析のポイントを学習できます。職種に問わず、すべてのウェブ関係の人が知っておくべき知識を習得が可能です。

公式サイトURL

https://www.jwa-org.jp/webanalyst/

営業に関する資格

営業に関する資格では、製品や事業のプロデュース、生産と販売部門の仲介など多様な業務を身につけられます。各部署や部門を管理・運営に携われるスキルを用するため、知識や技術を得ることで円滑に業務を進めるメリットがあります。

■マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス業務検定とは、特定の業務や業界にとらわれないマーケティングの知識を習得できる資格です。マーケティング理論だけでなく、仕事にすぐに役立つ実務知識や時事情報、実務事例を習得できます。

公式サイトURL

https://www.marke.jp/

■ディレクション検定

ディレクション検定は、課題解決の思考や行動のプロセスを「プランニングスキル、マネジメントスキル、コミュニケーションスキル」の3つの観点を能力として可視化させる資格です。通常の検定では知識量や暗記力が重要とされますが、この検定ではディレクションの現場での行動や思考をフォーカスした検定のため、実用的な能力を身に付けることができます。

公式サイトURL

https://webdirection.jp/ability/

「マーケティング資格」まとめ

マーケティング資格について紹介しましたが、役に立てたでしょうか?

キャリアップや知識を深めるためには、資格を取得するのは一つの選択でしょう。この機会にぜひ受験してみてください。

関連キーワード
ウェブ広告入門の関連記事
  • 市場を掴め!マーケティング戦略の基本をわかりやすく解説!
  • MEO対策とは?やり方や得られる効果をわかりやすく解説!
  • 記事広告の強みを理解して、効果的な使い方を解説します!
  • アフィリエイト広告は始めるべき?メリット・デメリットを比較
  • youtube-ad
    動画広告で効果を出したい人必見!効果的に出す方法を解説!
  • CTR(クリック率)ってどういう意味?意識したいポイントや改善方法
おすすめの記事
LINE@で店舗ファン作り
地域商圏・集客マーケティング
ついに関東も梅雨に突入しましたね。暑さはまだそれほどではないですが先日の週末は雨がひたすら降り注いでましたしゲリラ豪雨も本格化してきたので外...