記事広告の強みを理解して、効果的な使い方を解説します!

インターネット上では、多くの広告が出回っています。

それぞれの広告にメリット・デメリットがあり、広告を出して紹介したいサービスや商品によって、どのような広告方法が合っているか、効果的な効果はあるのか。というのを意識しなければいけません。インターネット上で広告を出す方法は沢山あります。その中で今回の記事では記事広告について解説していきます。

記事広告を最大限に有効活用する方法や、他の広告との差をお伝えしていきます。

記事広告とは?

記事広告とは、サービスや商品などを紹介できる記事の事です。タイアップ記事とも言われており、他の広告と違ってサービスや商品の内容を詳細まで伝えられるため、広告効果は高く見込めます。

※媒体はWEBだけではなく、紙媒体もありますが、今回はWEB上の記事広告について解説しております。

記事広告のメリットや効果的な使い方

記事広告のメリットは他のWEB広告にはない強みを持っているので上手に利用すれば、とても効果のある広告になるため、この記事を読んで1つでも自社のサービスや商品に当てはまれば、記事広告を利用する事をオススメします。

記事広告のメリット|その1圧倒的な情報量でアプローチできる

記事広告は他のWEB広告に比べて、伝えられる情報量が圧倒的に多いです。サービスや商品の内容を深い部分まで発信できます。

その結果、伝えたいモノをしっかりと理解してもらえるので、売り上げアップに繋がります。

記事広告のメリット|その2メディアの持つ宣伝力を利用できる

掲載するメディアが持つメディアパワーを利用する事ができます。ブランド力のあるメディアに広告を出せば、知名度を一気に上げる事も可能です。

それに加え、メディアにはそれぞれの特徴や個性があり、そのサイトが好きなファンもいます。

各メディアでは、ユーザーデータを把握している事が多いので、自社のサービスや商品に最適なユーザーに記事を通じて情報を提供する事ができます。

記事広告のメリット|その3第三者目線であるユーザーによって記事が作られる

記事広告はタイアップ広告とも言われています。

タイアップ広告とは誰かと提携して打ち出す広告という意味です。自社の持つサービスや商品をメディアと連携して記事を作ります。

そうする事によって客観的な情報も記事に載せる事ができます。

企業とユーザーの間で、影響力のあるメディアが入ることで、ユーザーも客観的に情報を得ることができるので、内容に納得感を抱いてくれます。

何かを購入する際には、口コミや評価を見て購入するユーザーも多いので、第三者の客観的な目線での情報は、記事広告において非常に重要なメリットです。

記事広告のデメリット

記事広告のデメリットは、広告費用の相場が少し高いことです。

WEB広告の中では、課金型の広告や数万円~広告を出せる媒体もあります。

しかし、メディアの持つ影響力が強ければ強いほど宣伝力は大きいですが広告費用も高くなります。その為、意識しなければいけないのは自社の持つ予算や広告を出した後に見込める成果をしっかりと把握してから、どういったメディアに広告を出すのか、どのくらいの予算があるのか。という事を決めてから依頼する事をおすすめします。

記事広告の効果的な使い方

記事広告の代表的なメリットをご紹介させて頂きました。

では、どうすればそのメリットを活かした効果的な記事広告が出せるのか?

必要なのはメリットを理解することです。口説いようですが、記事広告はサービス・商品に関して、十分な情報量を、顕在的なユーザーへ発信できます。

この記事広告ならではのメリットを活かして広告を出しましょう。

伝えたい情報はシンプルかつ深く

箇条書きのようにシンプルさだけを追求すると記事広告の強みを活かせません。

サービスや商品を説明するテキストに合わせて画像などを埋め込むことも重要です。

自社のサービスや商品を使うとユーザーは何を得られるのか、何故それが得られるのか、その理由に対する捕捉も付け加えてアピール出来たら、次は第三者目線の評価を記載する。

しっかりと内容を記載して、情報発信をすることで、記事広告のメリットを活かせます。

メリット・デメリットも載せる

これは、第三者目線の意見を記事に載せられる記事広告の強みを活かすポイントです。

メリットだけを伝えすぎると、少し胡散臭い広告になってしまいます。

デメリットも包み隠さず記事の中で伝えることで、そのデメリットもデメリットと感じないユーザーもいれば、メリットもデメリットも知った上で購入したい。と考えているユーザーへのアプローチも記事内で可能になります。

残る広告だという事を意識しておく

記事広告は一過性の広告ではありません。

一過性の広告は、ある一定期間が過ぎれば消えてしまいますが、記事広告の場合は一過性ではないため、メディアに残り続けます。

なので、メディアの宣伝力を利用する。という事に付け加えて、サービスや商品の使い方などのノウハウも一緒に記事に残しておく事も大事なポイントです。

「記事広告」まとめ

記事広告は使い方によっては、非常に有効的な広告手段です。

しかし、どのメディアに広告を出すか見極めが非常に重要となっております。

長期的に広告を出し続けられる事や、顕在的なユーザーへアプローチをかけられることができるので、記事広告の特徴を理解して、有効的に使ってみてはいかがでしょうか?

  • 市場を掴め!マーケティング戦略の基本をわかりやすく解説!
  • MEO対策とは?やり方や得られる効果をわかりやすく解説!
  • 記事広告の強みを理解して、効果的な使い方を解説します!
  • アフィリエイト広告は始めるべき?メリット・デメリットを比較
  • インスタ広告にかかる費用っていくら?4種類の課金方法を解説します
  • youtube-ad
    動画広告で効果を出したい人必見!効果的に出す方法を解説!
おすすめの記事