MEO対策とは?やり方や得られる効果をわかりやすく解説!

MEOとは?

MEOとは、マップエンジン最適化(Map Engine Optimization)の頭文字を取った言葉です。Googleで検索した際に表示されるマップ情報(ローカル検索結果)内で情報を上位化する施策のことをMEO対策と言います。また、ローカルSEOとも言われており、具体的に「エリア+業種」などのキーワードで、検索した際に検索結果に表示されるマップ枠に対象の店舗情報が表示されます。

今回は、そのMEOについてわかりやすくお伝えしていきますので是非、最後までご覧になってください。

MEO対策とSEO対策の違い

MEOもSEOも、施策をする上での目的はどちらも変わりません。

どちらの施策も、基本的により多くのユーザーに対して自社のサービスを見てもらう。という効果を求めているので、目的自体に大きな違いはありませんが、似て異なる点があります。

「SEO=検索エンジン最適化」「MEO=マップエンジン最適化」という点です。

つまり、SEO対策をするという事は指定したキーワードの検索でWEBサイトの検索順位を上げて、そのWEBサイトにユーザーを取り込みたい。という目的です。

一方MEO対策は、検索したユーザーが店舗への来店や問い合わせの電話をする事を目的としています。

MEO対策は、ローカル(地域)ビジネスを展開している方に特化した検索エンジンへの施策となります。

MEO対策に合う業種の特徴

MEO対策において相性の良い業種の共通している特徴は、地域に特化した個人ユーザーを相手にするビジネスです。

代表例は飲食店や、美容系サロン(ヘアサロン・ネイルサロンなど)です。

他にも各種施術店舗、塾(予備校)、スマホの修理ショップなども当てはまります。ターゲットは様々ですが、「地域+業種」で検索されるようなビジネスを展開されている業種はMEO対策はとても有効的な施策です。

MEO対策のやり方・始め方

MEO対策を始めること自体は、そんなに難しくありません。一つ一つ確認して行っていけば問題ありませんので、ご安心ください。

Googleマイビジネスの登録

まず始めに「Googleマイビジネス」の登録が必要です。

Googleマイビジネスと検索すれば、公式サイトが出てくるので、公式サイトに記載されている順序に従い、登録を行ってください。

Googleマイビジネスの情報を充実させる

登録を行うだけではなく、Googleマイビジネス内で入力できる情報は、出来るだけ多く記載してください。Googleマイビジネスを活用してMEOを強化するには、ビジネス情報をすべて登録することが絶対必須です。住所や電話番号、営業時間だけではなく、ビジネスの紹介文やホームページのリンクの設定も欠かさずに設定しましょう。

SNSなどのインターネット上にある他の媒体で情報を露出させる

Googleマイビジネスと、持っているホームページだけではなく「SNS」なども活用すべきです。

MEO対策には「サイテーション」という言葉があります。

サイテーションは直訳すると引用・言及という意味ですが、SEO対策においての「被リンク」のようなものです。

「ビジネス名(店舗名」「住所」「電話番号」「サイトURL」の情報が、他のWEBサイトやSNSなどで、どれだけ紹介されているか。という事も上位表示を狙うアルゴリズムに影響します。

つまり、SNSなどで定期的に発信することもMEO対策においては必要不可欠なポイントになっていますので、ビジネスの情報は出来るだけ露出させましょう。

MEO対策を行う事によって得られる強み

MEOが持つ特性・特徴を理解した上で、強みを活かすようにMEO対策を行うべきです。

Googleのマップ枠に上位表示させるMEOという施策を行う事によってどのようなメリットがあるのでしょうか?

検索した表示画面が、SEOよりも上位に

ユーザーが、「地域+業種」で検索した際に、一番上には検索した地域の周辺情報が記載されてあるマップが表示されます。

上位表示されているサイトのクリック数は30%を超えていますが、そのサイトよりもマップは上に表示されるポイントがMEOの強みです。

さらに、マップ上でも上位表示されている店舗などは名前も表示されるので非常に誘導力のある施策になります。

競争が激しいSEOとは違う土俵で上位を狙えて、コスパも良い。

SEOとMEOでは、Googleのアルゴリズムが異なります。

新規で、SEOの競争に参入して上位表示を狙うのは少し難しく、時間もかかります。

さらに、SEO対策を行うよりも費用は抑えられるので、MEOの集客力を考えるとコストパフォーマンスは非常に高いです。

実力で勝負する。が可能

マップ表示枠では、店舗系のプラットフォームサイト(比較サイト)は表示されません。

プラットフォームサイトに支払う広告料も発生せず、店舗の営業時間やサービス内容、ユーザーが投稿したレビュー・口コミの内容が、そのまま検索順位に反映されやすい傾向がある為、広告料にお金を使って上位表示させるのではなく、店舗の魅力を十分に発信できるのもメリットです。

MEO対策の注意点

MEO対策において、注意しておくべき点はあります。この注意点も理解した上でMEO対策の導入に進みましょう。

効果のある業種が限られている

MEO対策は「地域×業種」のビジネスにおいては有効的な施策ですが、そのビジネスモデルに当てはまらない業種は、あまり効果は得られません。

良い口コミだけが集まるとは限らない

口コミ・レビューも上位表示させるには影響するポイントだとお伝えしました。しかし、必ずしも良い口コミ・レビューだけが集まるとは限りません。良い評価をされるような店舗サービスや接客を心掛けることもMEO対策の重要なポイントなので、ビジネスを展開する上で良いサービスをするという原点も重点的に心掛けましょう。

まとめ

MEO対策は、ローカルビジネスにとって非常に有効的で効果的な集客方法です。

SEO対策に比べると費用もかからず、自身で行える施策なので是非ローカルビジネスを展開されている企業・個人の方は導入してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード
  • 市場を掴め!マーケティング戦略の基本をわかりやすく解説!
  • MEO対策とは?やり方や得られる効果をわかりやすく解説!
  • 記事広告の強みを理解して、効果的な使い方を解説します!
  • アフィリエイト広告は始めるべき?メリット・デメリットを比較
  • youtube-ad
    動画広告で効果を出したい人必見!効果的に出す方法を解説!
  • CTR(クリック率)ってどういう意味?意識したいポイントや改善方法
おすすめの記事