市場を掴め!マーケティング戦略の基本をわかりやすく解説!

あらゆる業種・業界の中で企業・個人問わずビジネスを成功させるための戦略として、マーケティング戦略は必要不可欠です。マーケティング戦略に本格的に取り組めば売り上げの増加に繋がり、逆にマーケティング戦略を取らなければ中々結果に繋がりにくい、とも言えます。

そこで今回の記事では、成果に繋がりやすくなる為にマーケティング戦略の重要性や抑えておくべきポイントをご説明します。

マーケティング戦略とは?

そもそもマーケティングとは、「企業が持っているサービスや商品を欲しいと思っているユーザーへ、的確に提供する為にプランを練って実行する事」です。

そしてマーケティング戦略とは、誰が何を欲しいのか、どのようにニーズに応えるか。という市場のニーズについて分析と把握をしなければなりません。そして自社の持つ商品・サービスをユーザーに効果的にアプローチする方法について施策を立て、実行しなければなりません。

その結果が出れば、より効率的な方法を見つけて実施するように改善を繰り返していきます。実施したデータを基に、自社の強み・商品・サービスを分析して、競合他社との差別化や優位性を明確化にする事が、マーケティング戦略となります。

マーケティング戦略の基本

企業でもフリーランスでも、展開しているビジネスを成功させる為のマーケティング戦略を考える事は非常に重要であり複雑です。マーケティング戦略の基本の役割は、商品やサービスの認知度を上げて売り上げアップに繋げる事と、ターゲットであるユーザーの興味・関心を引き出す事です。

市場の徹底的な分析と調査

ユーザーや市場の分析と調査は、マーケティング戦略の第一歩目です。

分析と調査を徹底的に行い、「誰に」「何を」「どんな価値をつけて」「どのように」「提供するか」を決めていきます。

企業や取り扱う商品・サービスによって戦略の組み立て方は異なり、ビジネスによって多種多様のマーケティング戦略が行われます。

自社では、どのように提供していくのか。という事を逆算して戦略を立てましょう。

スタートからゴールまでの全体像を掴む

上記でも記載しましたが、まず戦略を立てるにはゴールからの逆算が必要です。

マーケティングの全体像をまとめると4つのパーツをまとめた構成があります。

【1.調査→2.企画→3.実施→4.管理】この4パーツの流れがマーケティングの基本的な構成です。

「調査」で世の中に流れる動きと、ユーザーニーズを把握し、「企画」を基にニーズに合わせた商品・サービスの開発や価格設定、販売方法を考える。企画設定した計画で販促を「実施」する。活動を行った後に、行動した結果・目標達成度を「管理」して計画の見直しする事。

このようにマーケティング全構成を把握してゴールまでの全体像を掴んでいれば、改善点も含めた戦略の立て直しや、新たな戦略が生まれるため、全体像を常に把握しておくことが重要です。

マーケティング戦略の重要ポイント

注意点

マーケティング戦略の中で重要視しなければいけないポイントは「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の3つです。

セグメンテーション

セグメンテーションとは、市場を細分化する事です。自社のサービスや商品を1つの市場という大きなカテゴリーで売り出していくとユーザーへ辿り着く前に、競合他社と戦う事になるので市場を細分化して、自社のサービス・商品の売りやすい適切なビジネススペースを決める事も重要な戦略となります。

ターゲティング

市場細分化の分析をしたら、ターゲットを決めます。性別から年齢層、さらには地域まで設定して、そのターゲットに特化したプロモーションの戦略を取りましょう。

ターゲットを絞ることによって、マーケティング戦略の組み立てが明確となります。「この商品・サービスは誰に向けて発信したいのか」の部分で重要なターゲティングを設定して下さい。

ポジショニング

ポジショニングは、ユーザーにとって自社の商品・サービスの魅力がどんなものかを認知させるための活動です。

競合となる他企業の商品・サービスと比べて、自社を選択してもらう為にはユーザーにとってどれだけ魅力的な価値を提供しているのかを示し認識してもらう必要があります。

この3つのポイントを合わせてSTP分析と言います。

STP分析は、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングの頭文字を取ったマーケティング用語です。戦略を練るのに必要な分析方法なのでマーケティング戦略を行うときは必ずSTP分析を行いましょう。

マーケティング戦略において有効活用できるフレームワーク

フレームワークとは、マーケティング戦略の立てる時に活用できる分析方法です。

上記でもお伝えしたSTP分析もフレームワークの一種です。

その他にも様々なフレームワーク(分析方法)があり、STP分析のように重要で代表的なフレームワークの「4P分析」と「SWOT分析」をご紹介します。

4P分析

4P分析は、「Procuct(製品)」「Price(価格)」「Place(プロモーション)」「Promotion(流通・チャネル)」の4つで形成されており、自社の商品やサービスの見直しに適しているのが4P分析です。そして4P分析は、どれか1つに特化しても成果を得ることはできません。

1つだけではなく、全てにおいて戦略を組み立て・掛け合わせをする必要があるフレームワークとなります。

SWOT分析

SWOT分析は、「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threats(脅威)」の4つで形成されて、自社を取り巻く環境について分析するフレームワークで次の4つについて考えます。

Strength(強み)とWeakness(弱み)は自社の内部環境の分析であるのに対し、Opportunity(機会)とThreats(脅威)は外部環境を分析する項目です。

内部環境は、企業の持つ知識や経験、専門性などの自社でコントロールできる要素であり、外部環境は、世の中の経済や景気などの市場の動向の変化によって自社では、どうする事も出来ない要因を外部環境と考えます。

SWOT分析は、OとTの外部環境の分析から始める事が必須です。市場の動向や世間(ユーザー)のニーズを分析してから、SとWの内部的に努力できる要因をまとめて分析すると、戦略も立てやすくユーザーにアプローチをかける事ができます。

まとめ

マーケティング戦略を立てた上でビジネスを展開すると必ず成功する。というのは中々難しいですが、それでも企業・個人関係なくビジネスで成功するために、重要なのはマーケティング戦略です。試行錯誤を繰り返し、戦略を立て続ける事ができれば必ずビジネスの成長に繋がります。

マーケティング戦略は簡単に立てられる戦略ではありませんが、効果的に市場の優位性を獲得する為に、是非実践してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード
ウェブ広告入門の関連記事
  • 簡単に理解出来る!オウンドメディアの種類とメリットについて
  • 市場を掴め!マーケティング戦略の基本をわかりやすく解説!
  • MEO対策とは?やり方や得られる効果をわかりやすく解説!
  • 記事広告の強みを理解して、効果的な使い方を解説します!
  • アフィリエイト広告は始めるべき?メリット・デメリットを比較
  • youtube-ad
    動画広告で効果を出したい人必見!効果的に出す方法を解説!
おすすめの記事
スマホサイトを無料で30秒で作るツール
HP制作・構築施策
今日は根本のお話です。 ひょっとして自分の店舗の HPはスマホ対応しなくても いいと思っていたりしますか? またはHPはさほど重要視していな...
スマホとSNSを最大限に利用する!
Facebook広告
現在、スタジオに集客する上でターゲットとなる 顧客が今一番使用しているもの、それが ・スマートフォン ・SNS になります。 スマートフォン...