【初心者必見】アフィリエイト広告の仕組みとポイントについて解説!

アフィリエイトという言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、アフィリエイトがどのような仕組みなのか理解していますか?ここではきちんと仕組みを理解していただけるように、アフィリエイト広告のポイントをしっかりと解説します!これを機にアフィリエイト広告についてしっかりと学びましょう!

アフィリエイト広告とは?

ECサイト

そもそもアフィリエイト広告とは一般的にユーザーが広告をクリックし、商品を購入したり、会員登録をするなどの成果があった際に報酬が発生する成果報酬型の広告手法のことを指します。

またアフィリエイト広告は、掲載されたりクリックされるだけでは課金されないので、WEB広告として対費用効果が高く、インターネット集客には欠かせない手法として多くの企業が取り入れています。

アフィリエイト広告の仕組み

アフィリエイト広告を始める際には、多くの人がASPと呼ばれるアフィリエイト・サービス・プロバイダーに登録をします。(ASPについては後ほど詳しく説明します)

大まかな流れは図のようになります。

 

①広告主が商品やサービスの掲載依頼をASPにします。

②アフィリエイターは自身のサイトにあった広告を選び、サイトに掲載をします。

③ユーザーがサイトを訪問し、商品を購入したり会員登録をしたら報酬がASPからアフィリエイターに支払われます。

アフィリエイト広告は、審査に通れば出稿されている広告の中から好きなものを選べます。

ASPの解説

ASPとは、アフィリエイターと広告主を結ぶ企業のことを指します。ASPは広告を掲載したい媒体をまとめており、アフィリエイターはその中から好きな広告を選ぶことができます。いわばASPは広告主とアフィリエイターの仲介役です。

ASPは広告主のやすい広告費で宣伝したい気持ちと、アフィリエイターの稼ぎたい気持ちを繋ぐ役割をしています。

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

アフィリエイトのメリットとデメリットを、それぞれ考えてみましょう。

メリット

・対費用効果が高い

アフィリエイト広告は、最初に述べたとおり成果報酬型の広告手法なので、商品の購入など成果がない限り料金は発生しません。なので無駄な費用がかからないことがメリットの一つなのではないでしょうか。

・集客の負担がない

アフィリエイターが自身のサイトへの誘導など集客を行うので、広告主が集客を行う手間が省けます。またアフィリエイトによっては、集客能力が高い場合もあるので期待できる場合もあります。

 

なんと言っても対費用効果の高さがアフィリエイト広告の一番の魅力と言っても過言ではありません。対費用効果が高いのはあくまでも成果報酬型であることが一番の理由です。また他の広告手法より安価に顧客を獲得できる可能性もあります。

デメリット

・コストがかかる

アフィリエイト広告を行う際にASPを利用するには、初期費用や月額利用料金などがかかります。その際に全く利益が出ない場合でも固定費として費用がかかることになります。

・自社のイメージとミスマッチが起きることも

アフィリエイターに広告掲載してもらっても、自社のイメージと違ったという場合もあるのではないでしょうか。ブランドイメージにも関わることなので、審査ができるASPなどを選ぶと良いかもしれません。

ASPの利用料金や初期費用などにコストがかかることは否めません。しかしメリットの多い手法と認識されているため、広告手法として取り入れている企業が多いのかもしれません。

 

ちなみにアフィリエイターのメリットは、場所に縛られたり自身が在庫を抱えるなどがなく始めることができることでしょう。また、無料のサイト作成などもあるので初期費用もかからずに始められることもメリットの一つと言えるかもしれません。

まとめ

今回はアフィリエイト広告についてお話ししてきました。アフィリエイト広告は対費用効果の高い成果報酬型の広告手法として取り入れられていることが多いようです。またうまくアフィリエイト広告を利用することで、アフィリエイターも多額の報酬を得られる場合もあります。しかし、しっかりと仕組みを理解して適切な運用をすることが重要になってくる様です。

関連キーワード
  • YouTube
    話題のインストリーム広告!効果的な運用と、費用を解説します!
  • 【初心者必見】アフィリエイト広告の仕組みとポイントについて解説!
  • Google SEOとは何か。効果的なコンテンツの作成方法も紹介!
  • ここで解決!ターゲティングの注意点とは?手法もお伝えします!
  • オウンドメディアリクルーティングとは?人気の理由とやり方!
  • SEOの効果とは?すぐにわかるSEO対策の基本を解説
おすすめの記事
商圏(市場)と競合他校と自分の店舗
メディア
スタジオのWEBコンサルティングを行っている私がクライアントと最初にお会いしてまず最初に ヒアリング&お打合せを行う際に行うこと、それが ...