Facebook広告の料金を解説!CPM・CPCの相場や支払い方法まで

Facebook広告の料金はシンプルで、予算上限の設定や最適化など便利な仕組みも備わっています。

この記事では広告料金の基本的な種類や、気になる価格の決まり方をご紹介。「広告を始める前に費用の目安や支払い方法を知りたい」という方にもわかりやすく解説します。

Facebook広告の料金はCPMとCPCの2種類

Facebook広告の料金には2つの種類があり、1つ目はCPMと呼ばれるインプレッション単価、もう1つはCPCと呼ばれるクリック単価です。Facebook広告を開始する時にはどちらかを選ぶことになりますが、そこで知っておきたい特徴を解説します。

CPM(インプレッション単価)

CPM(Cost Per Mille)とは、インプレッション、つまり広告がユーザーに表示されたことに対して支払う料金です。ユーザーのリアクションがあってもなくても費用が発生するので、認知を獲得したい時に使われるコスト指標だと言えます。

具体的には、広告のインプレッション数1,000回当たりの平均コストとして計算します。例えばある広告キャンペーンで、消化金額の合計が1万円でインプレッション数が1万回なら、インプレッション1,000回当たり1,000円を費やしているのでCPMは1,000円になります。

CPC(クリック単価)

CPC(Cost Per Click)とは、ユーザーが広告リンクをクリックすると発生する料金です。インプレッションとは違って、ユーザーがアクションを起こした時に費用がかかるので、広告のパフォーマンスやコンバージョンの効率性を測る指標だと言えます。

CPCは消化金額の合計をリンクのクリック数で割って計算します。例えば費用が10,000円で広告が100回クリックされた場合、クリック一回当たりの単価であるCPCは100円です。一般的には100円からが相場の目安と言えます。

広告料金の設定方法とは

Facebookの広告料金はCPMとCPCの2つがあるとわかりましたが、その単価はどのように決定されるのでしょうか。実はどちらも入札の状況やターゲット設定によって、流動的に決まります。広告を出稿するにあたって大切な料金設定の方法について紹介します。

広告オークションのアルゴリズム

Facebookの広告枠は、数多くの広告の中からユーザーにとって最適な内容が配信されるアルゴリズムになってます。広告が選ばれる基準はこの3つです。

  • 入札
  • 推定アクション率
  • 広告の品質と関連度

つまり必ずしも高い単価を提示している広告が配信されるわけではありません。「推定アクション率」や「品質」「関連度」なども加味されています。これはユーザーの興味関心と広告のマッチングを行うための仕組みです。

このうち「入札」(オークション)が広告主が支払う広告費用になりますが、この決め方には2つの方法があります。次は入札戦略を紹介します。

最小コスト入札戦略

広告の入札額を決める1つ目の方法は、最小コスト入札戦略です。これは広告枠を競うための入札イベントがあるごとに、広告料金がなるべく低くなるように単価が自動で設定されます。つまりある広告枠の相場感が100円ほどであれば、100円程度で入札するわけです。

メリット

この方法では、入札相場の状況に応じて最小単価を自動で探るため、予算を効率的に使える点がメリットです。仮に入札相場が100円から80円に落ちた場合でも、この最小コスト戦略は柔軟に対応できるためムダなく入札が行えます。

デメリット

ただし、あまりにも競争が激しくなる時は入札価格も高騰してしまいます。その場合も自動で入札されるので、広告料金が跳ね上がってしまうリスクがある点はデメリットです。

ターゲット単価入札戦略

広告の入札額を決める2つ目の方法は、ターゲット単価入札戦略です。これは単価の平均値が、広告主が設定した目標単価に近くなるように入札が行われます。先ほどの最小コスト戦略とは違い、ターゲット単価を100円に設定すれば、相場が80円でも150円でもおよそ100円前後10%程度の範囲内に収めようとします。

メリット

ターゲット方式は、平均単価が安定する点がメリットです。入札では競合度によって相場単価が高騰することがありますが、ターゲット単価の場合はそのような相場に影響されません。

デメリット

一方で、単価が想定よりも下落した場合はコストが必要以上にかかってしまう点がデメリットです。例えば相場が100円程度と予想していたのに実際は80円程度という場合、最小コスト方式であれば柔軟に80円程度での入札ができます。一方、ターゲット方式では100円に近い金額で入札しようとしてしまうため非効率です。

このように2つの入札戦略がありますが、どちらにも長所・短所があります。基本的にはFacebookに任せれば自動で最適化してくれますが、自分でコントロールしたい場合は入札方法の違い理解しておくと便利です。

Facebook広告で予算上限を決める2つの方法

Facebook広告では広告セットまたはキャンペーン予算の上限を決めることができます。その方法にはこの2つがあります。

  • 1日ごと
  • 通算

初めての広告だと、どちらを選べば良いのか迷うところですが、それぞれの特徴や注意点について解説します。

1日ごとの予算

1つ目は、1日ごとの予算上限を設定するパターンです。これは一見シンプルなのですが、実際は予算の上限を超えるケースがあるため注意が要ります。

入札は毎日が同じような状況ではなく、競合度には波があり特別に成果が期待できる日もあります。そのような取りこぼしを防ぐために、1日の予算上限の最大25%までを超過する可能性があります。ただし、一週間の平均で見た場合には1日当たりの上限は守られているという仕組みです。

期間内の通算予算

もう1つは、一週間などの期間を区切り、通算の上限を設定する方法です。この方法は期間内に予算を消化することを目標にします。

ただし、先ほどのケースと同様に広告の入札には波があるので、毎日同じ金額が消化されていくとは限りません。効果の期待値や、競合度によって日々のコストにはばらつきがあります。あくまでも期間内のコストの合計が予算通りに収束するという仕組みです。

アカウント・キャンペーン上限予算の設定方法

Facebookでは「1日単位」「期間通算」といった予算の上限とは別に、アカウントやキャンペーンそのものの予算上限を設定することができます。 例えばアカウント上限を活用すれば、複数の広告キャンペーンを管理している広告主が「一部の広告セットは打ち止めにしたが、別の広告は配信が続いておりアカウント全体で予算をオーバーしてしまった」というミスを防ぐことができます。

入札は流動的なので、予算を管理するためにも上限の設定は有効です。一方、上限に達すると広告セットの配信が停止して、せっかくの顧客獲得のチャンスを逃すケースもあります。手続きをすればすぐに再開も可能なため、状況を見ながら柔軟な対応も大切です。

広告費用の支払い方法

Facebook広告は2つの支払い方法があり、支払いのタイミングも違います。広告を始める際は好きな方を選ぶことができます。

  • 自動決済
  • 手動決済

自動決済の場合は、広告費用が毎月の請求日に請求されます。また、例えば2,500円など「請求単位額」の枠があり、それに達したタイミングで随時請求されることもあります。自動決済ではクレジットカード、デビットカード、ペイパルで支払いを行います。

手動決済はあらかじめFacebookの口座に現金をチャージしておく前払い方式です。広告費用が発生すれば1日ごとに差し引かれていきます。支払い方法は日本円なら銀行振込で、外国通貨でも主要決済サービスで入金が可能です。

まとめ

Facebook広告の料金について解説してきました。主な内容には、

  • CPM(インプレッション単価)とCPC(クリック単価)がある
  • 広告主は入札戦略を最小コストとターゲット単価から選ぶことが可能
  • 予算は1日ごと、通算で上限を設定できる
  • アカウント・キャンペーンごとの予算上限が設定可能
  • 広告料金の支払い方法は自動・手動の2種類がある

がありました。

Facebook広告の料金体系は比較的シンプルですが、内部では自動で効果を最大化するような仕組みが働いています。データを計測するなど上手に運用すれば十分な効果を期待することも可能です。費用対効果を意識しながら活用してはいかがでしょうか。

  • Instagram広告の最大サイズは?4種類それぞれの仕様について解説!
  • Twitter広告の種類を理解して効果的なWEBマーティングを!ターゲティングやキャンペーンについて解説
  • facebook
    Facebook広告の料金を解説!CPM・CPCの相場や支払い方法まで
おすすめの記事
効果的なキャンペーン立案のコツ
メディア
今年もいよいよあと1ヶ月半というところに 差し迫ってきましたがみなさん今年の冒頭に 立てた目標は達成できたでしょうか? 達成できた人は目標必...