ブログマーケティングとは?メリットやポイントも解説

今や「コンテンツマーケティング」(ユーザーに有益な情報を発信して集客につなげる方法 )の一環として、自社ブログを制作し販促を行う方法 、いわゆる「ブログマーケティング」が一般的になりました。ブログマーケティングは資料やDMなど、従来のアナログ的な方法 に代わる新しいデジタルのオウンドメディア(自社で用意する販促用の媒体)であり、質の高い記事を自社ブログとして発信し続ければ長い期間での潜在顧客の集客が可能になります。

しかし実際に自社で記事を書く担当になった際に「ブログマーケティングとしてどういう風に執筆すれば集客につながる記事になるのか?」とそもそも記事の書き方が分からず、悩む方も多くいらっしゃいます。そこで今回はブログマーケティングとはそもそも何か、そしてブログマーケティングを行うメリットやおさえるべきポイント、さらにはブログマーケティングに成功した企業の事例まで詳しくご紹介。「自社ブログのブログマーケティングを確実に成功させたい」と思っている方はぜひご覧ください。

ブログマーケティングとは?

ブログマーケティングとは、ブログ記事で潜在顧客の集客を行うマーケティング方法。ブログというネーミングの通り、自分のブログ記事で情報発信して集客を行い利益を得るアフィリエイターもブログマーケティングを行っています。

企業ではブログマーケティングはオウンドメディアの最も有力な手法の一つとして浸透。潜在顧客を集客する要になる重要なマーケティング手法になっています。

またブログマーケティング以外にも「Twitter」や「Facebook」などのSNS、「Youtube」などの動画配信サービスを利用したコンテンツマーケティングも存在。SNSと自社ブログ、動画配信サービスそれぞれを組み合わせれば、相乗効果で集客効果がさらに高まります。

ブログマーケティングのメリットとは?

ここからは、ブログマーケティングを行うメリットをご紹介していきます。

  • お金をかけずに集客できる
  • 長期間潜在顧客を集客可能である
  • 集客効率がよい

お金をかけずに集客できる

企業ではリスティング広告など、有料広告を利用した集客方法も依然活発ですが、有料広告で成果を出すにはそれなりの予算が必要に。また有料広告に傾きすぎるといつかコスト削減などの面で頭打ちがやってきます。実際有料広告に依存しすぎてCTA(1人当りのコンバージョンにかかる単価)が中々下がらず、困っている企業もいます。

ブログマーケティングでは、ユーザーの悩みを解決できる記事をアップロードし続けることによって、集客を行います。サーバーなどの準備費はかかる場合があります。

しかし自社サイトがある場合は自社サイト公開用のサーバーに自社ブログを用意すればよいだけなので、その際にお金がかかりません。また別途サーバーを借りる場合も、レンタルサーバーを借りて安いプランを選べば、格安で自社ブログ公開が可能です。

さらにブログ記事を上げ続けていればオーガニック検索(検索エンジンからのキーワード入力による自然流入)からのユーザー流入も増え、有料広告への依存度も下がって集客コストも下げられます。このようにブログマーケティングではコストをかけずに集客が可能なのがメリットです。

長期間潜在顧客を集客可能である

ブログマーケティングでは、「Google」などの検索エンジンから流入してきたユーザーの悩みを解決する質のよい記事を公開し続けることが基本になります。自社ブログ内でコンテンツSEO(記事の質を重視するSEO)を鑑みた記事を定期的に公開すれば、自然と検索エンジンの検索結果で上位表示される記事が増えます。そして上位表示された記事はユーザーに読まれやすくなり、長期間を見込んだ潜在顧客集客ができるようになります。

このようにブログマーケティングでは、長期間を見込んだ潜在顧客の集客が可能であることもメリットとして挙げられます。

集客効率がよい

従来企業では電話やチラシ、DM、セールスマンの営業訪問など、企業側からプッシュして顧客になってくれそうな方や企業に対して販促活動をしていました。こういったマーケティング手法を「アウトバウンドマーケティング」といいます。しかしそもそも商品やサービスに興味がないのに電話などで販促されるのを嫌う方や企業も多く存在し、アウトバウンドマーケティングは非効率さが目立つようになりました。

現在はインターネットで自発的に情報を調べるようになったユーザーに効果的なマーケティング手法として「インバウンドマーケティング」が主流になってきています。インバウンドマーケティングではWebサイトやSNS、そして自社ブログといった自社のWebコンテンツから流入してきたユーザーを顧客として囲い込みます。

インバウンドマーケティングでは、コンテンツに興味のあるユーザーにピンポイントで関連性の高い自社商品やサービスを紹介。新規顧客や優良顧客へと引き上げやすいメリットがあります。また一度コンテンツを作ってしまえば勝手にユーザーがコンテンツに流入してくれるので、アウトバウンドマーケティングのように逐一電話をかけたりチラシを印刷したりといった手間もかかりません。

このようにブログマーケティングは、ユーザーが自分で情報をインターネットで検索する現代に即した効率的なマーケティング手法でもあります。

ブログマーケティング成功のコツ5つ

ここからは、ブログマーケティング成功のコツを5つご紹介していきたいと思います。自社ブログ構築の際の参考にしてください。

  • 作業工程をなるべく簡略化する
  • キーワード選定をしっかり行う
  • ペルソナを設定し、その悩みを 解決できる記事に
  • 他コンテンツマーケティングと連携させる
  • 新記事を定期的に追加し、自社ブログ更新を行う

作業工程をなるべく簡略化する

ブログマーケティングを成功させるためには、作業工程をなるべく簡略化することがポイント。自社サイトがあればその中に自社ブログを制作することで作業が効率化できます。

「自社ブログを一から新しく制作する」という場合は、CMS(ブログ制作サービス)をサーバーにインストールして利用すると簡単。CMSの中でも情報発信ブログ用のツールとして、国内外問わず幅広いユーザーの支持を得ているのが「WordPress」です。

WordPressでは「テーマ」と呼ばれる金型をもとに、時間をかけずに簡単にブログデザインを制作可能。これにより一番時間をかけたい記事執筆関係の作業に集中できるようになります。

WordPressは無料で導入可能。テーマも無料のものが多く配信されています。また有料のテーマを使えば、無料のテーマより洗練されたデザインで記事を公開できます。「デザインまでこだわって自社ブログを展開したい」場合は、有料テーマの利用も検討してみましょう。

キーワード選定をしっかり行う

ブログマーケティングを成功させるためには、執筆前の下準備も怠ってはいけません。まずは記事のメインとなるキーワードをしっかり選定する作業からはじめましょう。

キーワード選定時はGoogleが提供している「キーワードプランナー(「Google広告」に出稿していると全機能が使える、Google広告への登録だけでも一部機能が利用可能)」などのキーワード選定ツールを使うと作業が捗ります。

最初からビッグワード(1語のキーワード)やミドルワード(2語のキーワード)でSEO上位を狙おうとすると競合記事が多くて歯が立ちません。記事のメインにするキーワードにはロングテールワード(3語以上のキーワード)を設定しましょう。

そしてロングテールワードの中でも「検索ボリュームが多く(ユーザーが検索エンジンに入力している数が多い)、それでいて競合度が低い(他競合記事数が少ない)」キーワードを選定するようにしましょう。

ちなみにキーワードプランナーではキーワードの検索ボリュームや競合度合いまでの細かい調査が可能。何よりも検索エンジンを提供しているGoogleが提供しているサービスですから信頼度は抜群です。「うまいキーワード選定方法が見つからない・・・」という悩みがある場合は、キーワードプランナーの利用をおすすめします。

これ以外にも検索窓に入力したときに自動で出てくるキーワード候補(Googleなどの「サジェストキーワード」により表示されるキーワード)や、メインにしたいキーワードを入力したときに検索結果下に表示されたりする関連キーワードなども併せて、記事に適切なキーワードを設定すると効果的です。

ペルソナを設定し、その悩みを解決できる記事に

キーワード選定後は、ペルソナ(ターゲットユーザーを性質まで細かく設定すること)を作ってその悩みを解決できる記事を作ります。

ペルソナ設定については既存の顧客から優良顧客を抜き出し、インタビューを取ったりアンケートを取って作成する方法が企業では有力です。ただし優良顧客全員がインタビューに応じられるとは限りません。インターネットで簡単に意見を募れるアンケートなども組み合わせて優良顧客の声を集めましょう。

そして収集した情報をもとに「名前、性別、年齢、職業、収入、趣味や趣向」などで項目分けを行い、明確なペルソナを設定して記事に落とし込みます。そしてペルソナの悩みも浮き彫りにし、「どういったテーマで記事を書けばペルソナが悩みを解決できるのか」をユーザーファーストの視点からしっかり考え記事構成に入れ込みます。

またペルソナ設定や悩みについて調査する際は、選定したキーワードの競合記事がどんなペルソナを設定しているか、そしてどんな悩みを解決しようとしているかをよく調べるのも肝心。競合記事に対していかに独自性のあり、それでいて内容が分かりやすい、しっかり悩みを解決できる記事を書けるかがコンテンツマーケティング成功のポイントになります。

他コンテンツマーケティングと連携させる

上記のコツをしっかり踏まえて書いた記事は、質のよい記事としてしっかり検索結果上位に表示されるはず。しかし記事をそのままにしておくのではなく、SNSや動画でのコンテンツマーケティングとの連携を行うと、さらに効果的な運用が可能になります。

例えば記事更新と同時に内容をTwitterやFacebookに投稿としてアップするとSNSからの記事流入も見込めるし、Youtubeでアップロードした商品・サービスのセール動画を記事でも紹介すれば、動画へのアクセスを増やせます。またSNSや動画、組み合わせたそれぞれのコンテンツマーケティングの質がよいといっそう相乗効果で大量の集客が可能になります。

新記事を定期的に追加し、自社ブログ更新を行う

ブログマーケティングの際は1記事書き終わっただけで安心してはいけません。自社ブログがGoogleから高い評価を受けるためにも、定期的に新しい記事を追加し、自社ブログの更新を行う必要性があります。

記事ボリューム(自社ブログ内の記事数)が多ければ多いほど、各記事からの集客数が増えてコンバージョンへとつながる優良顧客を育成しやすくなります。ちなみに社内のリソース(人員)だけでは執筆できる記事数が不足する可能性もあるので、外注して記事ボリュームを増やすようにしているところも多くあります。

「記事ボリュームを増やして早くGoogleから評価されたいが、リソースが不足していて難しい・・・」という場合は、外注のライターに記事を執筆してもらう選択肢も視野に入れましょう。

ブログマーケティング成功事例に学ぶ

ここからは実際にブログマーケティングに成功した企業の事例を3つ挙げていきたいと思います。

  • 株式会社freee(経営ハッカー)
  • サイボウズ株式会社(サイボウズ式)
  • キラメックス株式会社(TechAcademyオンラインブートキャンプ公式ブログ)

株式会社freee(経営ハッカー)

まずは画期的な会計ソフトとして知られる「freee」を提供している「株式会社freee」。ブログ名は「経営ハッカー」で、会計だけでなく、会計に関係する経営関連のノウハウ記事やインタビュー記事を掲載しているのが特徴です。

またあえて無料会員登録制で記事を表示することで、潜在顧客に対してメールマガジンなど、コンバージョンへとつなげられるようなフォローを行えるようにしているのも面白いところです。特にノウハウが詰まっているコンテンツはあえて会員登録制にしてメール情報を提供してメールマガジンを配信してフォローするなど、これから自社ブログを立ち上げる際の仕組み作りにも参考になりそうです。

サイボウズ株式会社(サイボウズ式)

グループウェアのシェアナンバー1である「Garoon」の提供などで知られる「サイボウズ株式会社」が運営している「サイボウズ式」。

チームから発展して「就活」、「ワークスタイル」、「マンガから学ぶチームワーク」など、幅広いジャンルを取り揃えているのが特徴。内容も分かりやすく、ためになる記事がいっぱいです。

ブログマーケティングの際はジャンルを狭めすぎて「記事テーマが見つからない・・・」となるケースもあります。サイボウズ式のように自社提供のサービスからどんどん派生させて、取り扱い記事のジャンルを増やしていく手法は記事のネタを絶えず作り続けるときに参考になりそうです。

キラメックス株式会社(TechAcademyオンラインブートキャンプ公式ブログ)

プログラム学習サービスである「Tech Academy」などを運営している「キラメックス株式会社」では、「TechAcademyオンラインブートキャンプ公式ブログ」という自社ブログでブログマーケティングを行っています。

Tech Academyを利用している受講者や卒業生の声などをカテゴライズして記事にしている点は、当ブログの信頼性を上げる結果につながっています。記事自体もアプリ開発のコツやフリーランスプログラマーとして独立する際のアドバイスなど、プログラマーに関する深い内容の記事がたくさん取り揃えてあります。

実際にブログマーケティングを行う際にも、キラメックス株式会社のように自社商品・サービス利用者の声をインタビュー形式で紹介するなど、自社の信頼性を上げる試みを行っていきたいものです。

まとめ

今回はブログマーケティングについてメリットやポイント、成功事例まで幅広く解説してきました。

自社のマーケティングを成功させるうえで、自社ブログを構築してのブログマーケティングは重要なカギ。「更新が面倒くさい」と思わずに、定期的にネタを探してブログを更新することが、集客や顧客獲得の増加につながります。

場合によって外注などを行い、記事ボリュームを増やす手法も検討しましょう。ぜひ他コンテンツマーケティングとも組み合わせて、ブログマーケティングを成功させましょう。

 プロフィール:businessofd

 ウェブ制作やウェブマーケター、ウェブライターとしても活躍。

 新しいITニュースが出れば即ググって徹底的に調べるITオタクの一面も。

 ずっと読まれる分かりやすい記事を希求し続けている。
  • ECサイト
    ECサイトとは?種類やそれぞれのメリット・デメリット
  • 企業ブログ
    企業ブログを運営する目的 | メリット・デメリットや運営する上で大切なコト5つ
  • インフルエンサーマーケティングとは?メリットと活用されているSNS
  • リピーターを獲得したい!考え方やメリット、集客方法を紹介
  • 顧客の意味とは?5つの種類や、ユーザー、消費者など類義語との違い
  • 集客で困らない!王道アイディアやWEB時代の方法を紹介
おすすめの記事
2015年に弾けるYouTube店舗集客術
メディア
先日スマホで集客を行っていくにあたって YouTubeの戦略も今年から 必要になってきます、と お伝えしたかと思います。 2011年にアメリ...
地域でNo.1になる方法とは
地域商圏・集客マーケティング
今までのメルマガなどでダンサーは圧倒的な スマホユーザーとは言いつつもスマホのサイトが どうのということをあえて出しませんでした。 というの...