メールセミナー4日目 全自動で集客が可能!オンライン集客とオフライン集客について 

こんにちは!
株式会社ウィニングフィールドの勝原です。

また少し長いんですが
こちらもあなたの企業や店舗に
役立てられればと思いまして
ご連絡をさせてもらいました。

郊外や地方の店舗オーナーと
お話をさせて頂く際に気づく点として
実は都内や繁華街で構えている
店舗とはまったく違う戦略が
必要となっています。

連日、ご紹介経由で相談を受ける上で
ここをはき違えている方々が
多いのでこちらも
シェアさせて頂きました。

集客には大きく分けて
2種類あります。

それは

・オンライン集客(WEB、ネット)

・オフライン集客(リアル集客)

です。

オンラインが強い地域も
あれば、オフラインが強い

地域もあります。

こちらを動画にて
わかりやすく解説させてもらっています。

集客の種類を理解する
(4:51)
https://www.youtube.com/watch?v=OVt6UPx6WbQ

オンライン集客とは
ネットを使った集客に
なりますのでたとえば

ヤフーやグーグルを使った広告
フェイスブック、ツイッターの広告

上記はネット広告(有料広告)の
代表手法となっています。

上記広告のいいところは
広告を打って表示されるだけでは
料金はかからず、広告文や
バナーをクリックされた
時だけに広告費用がかかるので
費用帯効果が出やすく、かつ
地域や細かい場所、
スマホだけに、PCだけにとか
配信時間なども細かく
設定できるので少ない広告費で
最大の効果を上げやすくなっています。

その他、有料広告の
WEB施策以外に無料でできる

・SNS戦略

があります。

いわゆる

・ブログ
・ツイッター
・フェイスブック
・LINE@
・YOU TUBE
・インスタグラム

などです。

こちらは広告費を使わず、
無料で集客ができるツールです。

ただ、無料でできるが上に
実はこの使い方が
下手な店舗が多すぎます。

無料でできるメリットがある
ということはそれだけ
テクニックと労力を要して
集客しないといけないわけです。

ただ、情報を配信しているだけ、
だた写真をアップしているだけ、

ではなんの施策もありません。

うまい店舗は
ただ情報を配信しているだけに
見えて、しっかりと
集客に繋げる導線を引いています。

ただ、考え方としては
なんでも自分たちでやろうとは思わず、
労力をかけるなら
こういった部分はプロに運用を
任せるのもアリだと思います。

反応・反響も早いですし、
運用の仕方も教えてくれますし。

プロが運用すると劇的な効果を
発揮するので、SNSで集客をする、
という部分の実感が湧くかと思います。

こういった無料のサービスの
運用を代行する会社が少ないのですが
私の会社の裏メニューとして
運用代行サービスがあり、
こっそり運用をしているのですが
フェイスブックページ&ツイッターの
キャンペーンで
ものすごく反響があがっている
クライアントもいたりします。

めったにご案内はしないですし
普段はお断りしているのですが
なぜか口コミのみで広がり、
紹介者が後を絶たない
裏メニューですね。笑

お話を戻しまして、、、

そしてオンライン集客だけが
すべてではなく
オフライン集客があってこそ
オンライン集客が活きてきます。

オフライン集客の代表として

・チラシ、ポスティング
・雑誌出稿
・看板、フリーペーパー

などになります。

これは地域の方々への
認知度を高めて、
WEBに誘導させるための
ツールだと考えてください。

まれにそのまま問い合わせや
来店する方もいらっしゃいますが
今は一度サイトに
訪問するのが普通です。

そしてそのサイトが
ちゃんと店構え(デザインや仕様)が
しっかりしていて
知りたい情報がどこに書いてあって
通ったら自分はどうなるのか、、、

あなたのサイトでは
そういったイメージさせる
仕組みを入れていますか?

そして更に言うと
サイトも実店舗も来店した後に
追いかけるしかけを作ります。

来店した、ってことは
既に見込み顧客ですからね。

サイトでいうと

・リマーケティング広告

そう、追いかける広告ですね。
ご覧になられたことありますかね?

一度みた商品やコンテンツが
どこかほかのサイトを
見ているときに再度表示される
広告ですね~

実店舗で言えば
今の時代は

・LINE@

です。
これで追っかけることができます。

簡単にいうとスマホに
特化した現代のメルマガですね。

これも私のクライアントの
ダンススタジオで導入を
してもらっていますが
スマホを使う子たちに
圧倒的にリーチできる
LINE@が相性がよく、
かつ、キャンペーンやワークショップの
企画がハマり、店舗側の操作で
集客ができるように
なった事例もありました。

集客の導線の先にそのようなことを
準備しておかないといつまでたっても
集客に困り、他者競合を妬み
従業員に当たってしまう日々を
繰り返すことになります。

自動的な集客を目指すなら
まずは仕組み作りからです。
最初は大変ですが、
一度作ってしまえば
川の流れのように
勝手に自動的に流れてきます。

少し難しいお話に
なってしまいましたが
上記導線を図にしてみましたので
こちらをご覧になって理解を
深めて頂けますと幸いです。

→ http://winningfield.net/wp-content/uploads/2015/01/2015-01-20_110010.png

上記を動画にて解説しています。

集客の全体像の理解~問い合わせ、
それから先のマーケティングオートメーション
(12:24)
https://www.youtube.com/watch?v=AovlV9dLPBk

上記概念を見てもらい参考に
して頂けたらと思います。

部分部分のサービス代行を
行っている会社もありますが、
弊社では一番成果を出してもらいやすい
まるっとオールインワンで
運用代行サービスを展開しています。

当然、部分部分で代行するよりも、
色々な企画を連動させていった方が
効果が出ますので!

是非ともご検討ください!

mautic is open source marketing automation