中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。 中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。

テレビ画面でのYoutube視聴が増えている中で広告運用者が取るべき行動とは?

2021.08.19

テレビ画面でのYoutube視聴が増えている中で広告運用者が取るべき行動とは?

約4人に1人がテレビ画面でYouTubeを視聴している!?

どうも、ウィニングフィールドマーケティング部担当の小林です。

新型コロナウイルスの影響でYoutubeの視聴者数が増加している中、1,500 万人以上がテレビ画面を通じてYouTube を視聴していることはご存知ですか。

今回は今のYoutubeの現状を踏まえ、広告配信者として知っておくべきポイントについてご紹介致します。

 

テレビ画面でのYoutube視聴者が増えている

外出自粛の影響などもありYoutube視聴者数が急増している中、Youtubeを大画面で見たいユーザーによるテレビ画面での視聴が増えています。

YouTube広告では、2018年10月からテレビ画面への配信が始まり、広告配信者としては特に注目すべきプラットホームになりつつあります。

Youtube広告がテレビ画面で配信されるメリットとしては

・大きな画面で動画広告を配信できる
・操作性がスマホに劣るためスキップされにくい
・一度で複数人にアプローチができる

などがあり、「テレビ画面での訴求力」の効果は非常に期待できそうです。

広告配信者が知っておくべきこと

 

テレビ画面におけるYouTube広告はメリットだけでなく、デメリットもあるためいくつか紹介致します。

1,ウェブサイトへの誘導からCVまでテレビ画面で行わせるのは難しい

2,大画面テレビでの表示に耐えられるクリエイティブの作成が求められる

3,Googleアカウントの持ち主と視聴者が異なる場合がある

 

などのデメリットがあり、広告配信をする際には適している商材・適していない商材が明確に分かれてくるかと思います。

 

しかし、テレビ画面でのYoutube視聴者もどんどん増えていることから、動画の訴求力はかなり高まっています。

広告配信の際に検討していくべきプラットホームへと様変わりしている今、
広告配信者はこうした情報のキャッチアップを欠かさないように常に最新の情報を手に入れましょう。

Youtube広告に動画配信をされる際に必要な、効果的な動画クリエイティブの作成方法についても紹介しておりますので、広告出稿を検討中の方は是非参考にしていただければと思います!

 

 

▼効果的な動画クリエイティブの作成方法を紹介します▼
https://winningfield.net/fjzi

Contact
Top