すべてのYouTube動画に広告が!?広告運用者にとっては朗報か?

Youtubeの広告収入はゼロ!?

どうも、ウィニングフィールド
マーケティング部担当の小林です。

つい先日、Youtubeより発表された
利用規約の変更が
Twitterなどで大きく物議を醸しています。

今回は、Youtubeが発表した
「全ての動画に対して広告の掲載を徐々に開始する」
利用規約の変更について
お話いたします。

1,利用規約の変更について

2021年5月、Youtubeの利用規約の更新が発表されました。
その中でも特に注目したい変更点は
「収益化に関するYoutubeの権利」についての変更です。

変更の概要:
収益化に関する YouTube の権利: YouTube は、
プラットフォーム上のすべてのコンテンツを収益化する権利を有しており、
YouTube パートナー プログラムに参加していない
チャンネルの動画にも広告が表示される場合があります。

 

これによって、すべてのYoutube内動画に
広告の掲載がされる規約の変更が
6月1日より徐々に開始致します。

 

また、Youtubeはすべてのコンテンツを収益化する権利を有していると述べ、
規約変更の理由を
「権利について透明性の確保に努めるため」と説明しています。

 

そのため今まで広告を付けずに
動画コンテンツを提供していた
優良クリエイター達のチャンネルにも
クリエイターへの収益分配がされることなく
広告が貼られるようになります。

 

視聴者側にも
デメリットの多い変更となります。
たとえばアドセンス収益を目的としていない
ASMRや癒し系コンテンツ、睡眠導入を目的とした
長時間動画の合間にも広告が貼られる可能性があります。

 

SNSやコメント欄では
Youtubeの視聴者離れも引き起こされるのでは?
と懸念の声も広がっています

 

2、今後どうしたらいいの?

 

視聴者側としては、
広告を見たくないという場合
月々1,180円のYoutubeプレミアムに
加入するもしくは広告ブロックのアプリケーションを
ダウンロードするという方法があります。

 

しかし、Youtube側の
広告を見たくないならお金を払うべきだという強気の姿勢には
「Youtube側にも視聴者を選ぶ権利がある」
という意思表明にも見て取れます。

 

ただ、こちらの変更は
Youtube広告運用者にとっては
大きなメリットもあります。

 

これからは
5分以下の動画
YouTube パートナー プログラムに参加していないチャンネルの動画にも
広告を出稿できるようになり、

 

よりターゲットに絞った相手に
広告配信ができるようになるというのも
事実です。

 

Youtube広告の特徴と活用戦略については
ウィニングフィールドのチャンネルでも
ご紹介しています。

今回の変更を機に、一度Youtube広告の出稿を
検討してみてはいかがでしょうか。

https://winningfield.net/yy8t