中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。 中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。

Youtubeショートは稼げる?クリエイターには1億ドルの報酬か?

2021.06.03

Youtubeショートは稼げる?クリエイターには1億ドルの報酬か?

2021年5月11日に「YouTube Shorts Fund」の設立が発表されました

どうも、ウィニングフィールド
マーケティング部担当の小林です。

皆さんは、最近Youtubeに出現した
縦型のTikTok風ショートムービー、
「Youtubeショート」の機能はもうご覧になりましたか?

 

TikTokと同じように
15秒程度の動画で
視聴者の興味関心を掴むことができるため、
集客やバズコンテンツ目的で
最近クリエイターの中でも
話題になっている機能の一つです。

 

Youtubeは5月、
動画を載せるクリエイターたちに
報酬が与えられるとの発表がありました。

 

今回はYoutubeショートの変更点と
今後の対策について紹介いたします。

 

YouTube Shorts Fundって?

 

Youtubeの縦動画「Youtube shorts」
今まで広告収益の発生しないコンテンツとして
実装されたばかりの機能でした。

しかし、5月11日にYoutubeは
「YouTube Shorts Fund」という1億ドル(約109億円)の
ファンドを設立し、
毎月、エンゲージメントの高いShorts動画を掲載した
数千名のYouTuberに対して、
報奨金を支払うという発表を行いました。

YouTubeショート動画は世界中で
1日あたり65億回も再生されていると言われており、
今後「YouTube Shorts」が稼げる
仕組みとして動画クリエイターの中でも
話題を呼んでいます。

今後どうしたらいいの?

TikTokやInstgaramの「Reel」機能のように、
最近は「手軽に」「短い時間で楽しめる」「縦動画」
流行のコンテンツとなり、

「縦画像・縦動画でのマーケティング戦略」を
行っていくかが今最も注目されています。

 

既に収益化済みのYoutubeチャンネルには
Youtube shortsの動画にも
広告表示が可能になっており、

近い将来、Youtube Shortsの収益システムが
さらに明確化していけば、
より編集が簡単で参入しやすいというメリットを活かして
沢山のクリエイターや芸能人Youtuberが
増えるのでは?と予測されています。

 

クリエイター側にも
広告出稿者にもメリットが多い
今回の「YouTube Shorts Fund」の設立で

広告運用やYoutuberの活動も
どんどん活性化される中、
時流に流されない
Youtubeの知識や経験が
活かされる世の中に変化してきています。

 

ウィニングフィールドでは
そうしたYoutubeの目まぐるしい変化に
ついていくため、

Youtubeコンサルを行う
実績を持ったプロのYoutuberが在籍しており、
初心者の方にも簡単にYoutubeに参入していただく為の

「はじめてのYouTube超入門動画編集講座」

というセミナーを開講しております。

気になる方は
是非こちらより
お問い合わせください。
https://winningfield.net/hale

Contact
Top