中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。 中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。

商品が売れない!とお悩みの方へ

2021.09.30

商品が売れない!とお悩みの方へ

リマーケティング広告って一体?

不動産の広告をクリックしたら、何回も同じ広告が出てくるようになった…
なんて経験はありませんか?

もしかしたら感度が高い方なら

「あれってどうやるんだろう?」
「うちのビジネスでも取り入れられないかな?」

と思ったことがあるかもしれません。

 

大丈夫です!あなたのビジネスでもできます!

何回も追跡してくるあの広告を
リマーケティング広告(リターゲティング広告)といいます。

 

どういう仕組みで追跡することができるのか、今からご説明しますね。

 

 

STEP1:オーディエンスリストを収集しよう

 

リマーケティング広告を出すためには、オーディエンスリストを収集する必要があります。

Webサイトへの訪問ユーザーや、Youtubeチャンネル、アプリなど外部のデータに基づくユーザーの情報をオーディエンスと言います。

 

広告主は、専用のタグをサイトに埋め込むだけでこれらの情報をオーディエンスリストとして貯めることができます。

例えば商品を購入したり、申込みをしてくれたユーザーや、Youtubeの動画広告を最後まで見てくれたユーザーなんかもリスト化することが出来ます。

オーディエンスリストを収集すると、効果的に、見込みの高いユーザーへのアプローチが可能となります。

例えば商品を購入したユーザーはその商材への熱量も高く、お金を出して行動するユーザーとして判断することができます。

 

そういったオーディエンスリストを貯めればその商品に類似した別の商品やサービスを広告として表示させることができます。

 

同じ消費行動を起こしそうなユーザーリストがあれば、企業にとって最もお金と労力を費やす”新規顧客の獲得”が容易に行えますよね。

 

 

STEP2:リマーケティング広告を配信しよう

 

オーディエンスリストを貯めたら、「リマーケティング広告」と呼ばれる、一度自社サイトに訪問したことのあるユーザーに対して、再アプローチを促す広告を配信してみましょう。

こちらは、何も商品を買わずにサイトから離脱したユーザーに対して、思い出させるように何度も追いかけてくる広告配信の方法のことです。

試しに化粧品の広告をクリックしてみたら、その広告がYoutubeやSNS、Webサイトなどで何度も表示されるようになったことはありませんか?

リマーケティング広告の成約率は高く、効果的な配信方法ですが興味関心がない場合、活用方法を間違えるとユーザーに嫌われてしまう場合もあります。

 

 

 

STEP3:広告を最適化させた配信をしよう

 

リマーケティング広告では、540日以内のユーザーであれば追いかけた広告配信を行うことができます。

高額商品やサービスを配信する場合は長期的に追いかけていくことも効果的ですが、単価が低い商品の場合はだいたい1週間以内にサイトを訪れたユーザーに配信を行いましょう。

また、ユーザーのリストは細分化し、それぞれに対して打ち出す訴求分を変えるほうがより最適化された広告となります。

何をどのユーザーにどれくらい広告を配信するか上手く導線設計を考えて、打ち出すものを選定してから効果的な広告出稿を行いましょう。

 

ウィニングフィールドではこうした皆さんの広告運用やマーケティングに役立つ新しい情報を提供しています。

今回のメルマガの詳しい内容についてより詳しい情報を知りたい方は今回の内容を社長の勝原が直々に動画で説明するウィニングフィールドYoutubeチャンネルの動画がありますので是非参考にしてください↓↓↓↓↓

YouTubeで見たうざい広告がTwitterやGoogle広告で追いかけてきたことないですか?

 

Contact
Top