中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。 中小企業・店舗に特化した、WEB集客に関するコンサルティング・Web広告運用代行事業を、神奈川県鎌倉市(湘南・鎌倉エリア)にて行っております。

その広告費予算、間違ってませんか?

2021.10.14

その広告費予算、間違ってませんか?

「広告は売上に直結しているかな?」
「この広告予算であってるのかな?」
Webマーケティング担当者や事業主は特に、そんな疑問や不安を抱えてはいませんか?

そんな時には「ROAS(ロアス)」の計算方法を知る必要があります!

この法則を活用すれば、将来の売上予測ができ、赤字の広告費を知らずのうちに使ってしまっていた!なんて事を防ぐことが出来ます。

是非、参考にしてください。

 

ROASとは?

 

広告を効果的に運用するには、売上にいくら貢献しているかを把握する必要があります。

成果を測るには色々方法がありますが、中でもROASは、広告運用の有益性について判断するのに重要な概念と言われてます。

ROASとは「Return On Advertising Spend」、「広告の費用対効果」という意味です。

ROASが高い程費用対効果があると言える為、良い広告には予算を多く配分したり、ROASが低い広告には改善点を探るなどして、効率的に対策を練ることもできます。

 

ROASの計算式とは?

 

ROASの計算方法は

「売上÷広告費×100(%)」

です。

 

ROASは100%を基準に考え、広告費をどれだけ売上で回収できたか判定することができます。

ROASは100%がトントン、100%以下で赤字です。

例えば、10万円の広告費に対し100万円の売上が上がったなら、

 

100万円÷10万円×100=1000%

 

というROASの数値が算出できます。

 

 

ですので、この計算式ですと、広告1円に対して10円の利益を上げていることがわかります。

 

 

しかし、広告費10万円に対し11万円しか売上が上がらなかった場合、

 

11万円÷10万円×100=110%

 

と明らかに費用対効果が悪いですよね。

 

 

ROASの目安は業種によりますが、数字が大きいほど、費用対効果が高いということです。

かけたコストの10倍売上がある、という状況が作れていれば、様々な経費を含めても利益が出ている場合が多く、費用対効果として優れていますよね。

ROASを計算して結果が出たら、広告効果を最大化させましょう。

 

 

ROASが低いという結果が出た場合

・売上を増やす
・広告費を抑える

必要があります。

 

そのためには

・クリエイティブの見直し
・広告配信するプラットフォームの見直し
・予算の見直し

など、具体的な対策を考えられます。

 

ROASが高ければ、

・効果の高い広告への予算を増やす

ことによりより高い費用対効果を得ることが出来ます。

 

 

いかがでしょうか。

一瞬の成果や結果に振り回されることなく費用対効果のある広告運用を行うには、ROASの考え方は必須です。

まずは先月使った広告費と、売上を使ってROASのざっくりとした計算をしてみてください。

 

Contact
Top